2021年9月20日【セントライト記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ワールドリバイバルの好走パターンを分析。

ワールドリバイバルの距離適性

ワールドリバイバルはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-2)
  • 芝2000m(2-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

中距離でそこそこ安定。

ワールドリバイバルの脚質

逃げ、先行脚質。

前につけて押し切る競馬だが、ここまでは緩い流れのときしか粘りきれていない。

ワールドリバイバルのコース適正

ワールドリバイバルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-1-0)

直線急坂は(1-0-0-4)。

未勝利戦でこそ勝ってはいるが、最後の直線は平坦な方がベターか?

ワールドリバイバルの持ち時計(ベストタイム)

ワールドリバイバルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.4 2着(福島)
  • 芝2000m:2.00.5 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.13.4 11着(中山)

速い時計には縁はなさそう。

ワールドリバイバルの重馬場適正

ワールドリバイバルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪自体は苦にしないが、ペースが上がると息も上がる。


ワールドリバイバルの鉄砲実績(休み明け)

ワールドリバイバルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

休み明けが良い。

ワールドリバイバルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

詰めて使って良し。

ワールドリバイバルの枠順適正

ワールドリバイバルの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(未)

脚質的に内枠が良いはず。

ワールドリバイバルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(1-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ワールドリバイバルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-1-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

ワールドリバイバルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 492~508キロ

ワールドリバイバルの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、皐月賞2着、日本ダービー2着)。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系/皐月賞)。

ワールドリバイバルの近走

21/7/4 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 稍重

着順:2着(1.48.4・0.4差)

騎手:津村明秀(53キロ)

道中は2番手、4角も3番手から直線に向き、直線はヴァイスメテオールには交わされるものの、逃げ粘るノースブリッジはゴール前でしっかり交わして2着に入った。

道中は終始内ぴったりの経済コース。

ハンデの53キロも良い塩梅で、この馬も道悪が追い風になった口だろう。

2021年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧

21/9/20 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 良

着順:11着(2.13.4・1.1差)

騎手:津村明秀(56キロ)

大外14番からハナを主張。

中盤まではルペルカーリアに突かれながらの速いラップ。

4角も先頭で直線に向くが、直線は坂の上りで一杯。

序盤で脚を使い、中盤までは突かれるキツイ展開。

2021年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

先行力は魅力だが、まだちょっとここのレベルにはないと思う。

 



関連記事(一部広告を含む)