2021年8月22日【阿賀野川特別】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、イクスプロージョンの好走パターンを分析。

イクスプロージョンの距離適性

イクスプロージョンはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(1-1-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離で安定。

イクスプロージョンの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬。

切れる脚はなく、上りのかかる展開で浮上。

イクスプロージョンのコース適正

イクスプロージョンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(1-1-1-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-3)
  • 小倉(未)

右回りはさっぱりだが、左回りで(2-1-1-1)。

唯一馬券圏内を外したレースも、4角で寄られる不利があり、それがなければ3着はあったかも?という競馬。

左回りは堅実。

イクスプロージョンの持ち時計(ベストタイム)

イクスプロージョンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.2 7着(阪神)
  • 芝2000m:2.02.6 4着(阪神)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(中京)
  • 芝2400m:2.27.5 7着(阪神)

2200mの時計はまずまず。

イクスプロージョンの重馬場適正

イクスプロージョンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-1-1-0)
  • 不良(未)

まずまず走る。


イクスプロージョンの鉄砲実績(休み明け)

イクスプロージョンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(2-0-0-0)

イクスプロージョンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-0)
  • 中3~5週(1-0-1-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

イクスプロージョンの枠順適正

イクスプロージョンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(1-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

イクスプロージョンの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(0-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(1-1-1-1)

イクスプロージョンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(未)

イクスプロージョンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~474キロ

イクスプロージョンの血統背景

父はオルフェーヴル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念2勝、宝塚記念、凱旋門賞2着)

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系/秋天連覇、有馬記念連覇、日本ダービー2着)。

母方のバレークイーングレースアドマイヤのラインは多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

近親には;

  • リンカーン(阪神大賞典、京都大賞典、日経賞)
  • アンライバルド(皐月賞)
  • フサイチコンコルド(日本ダービー)
  • ヴィクトリー(皐月賞)
  • アリストテレス(アメリカJCC、菊花賞2着)

次走、神戸新聞杯(G2)に向けて

次走は9月26日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「神戸新聞杯(G2)」。

左回りコースではまだ大崩れはない。

実力的に不安定な要素が多いこの時期の3歳の前哨戦だけに、こういうアドバンテージは大きい。

 

⇒その他、2021・神戸新聞杯(G2)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)