2022年9月4日【新潟記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、イクスプロージョンの好走パターンを分析。

イクスプロージョンの距離適性

イクスプロージョンはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-2)
  • 芝2200m(2-2-2-3)
  • 芝2400m(0-0-0-2)

中距離で安定。

イクスプロージョンの脚質

先行押し切り、中団で脚を溜めて終いを生かす競馬。

差す競馬でも勝ち鞍はあるが、どちらかと言えばSP持続型のような印象。

前目にポジションを取ると、速い流れでもしっかりと押し切ってくる。

2勝クラスでちょっと時間を要したが、ブリンカーを着けてこれを突破。その後は順調にOPクラスまで上がってきた。

ブリンカーを着けて安定感が出始めた。

もとはジリっぽい馬だっただけに、スローのヨーイドンは苦手かも。

イクスプロージョンのコース適正

イクスプロージョンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(2-0-0-2)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(3-2-2-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-3)
  • 小倉(未)

右回りはさっぱりだが、左回りで(5-2-2-4)。

サウスポー。

イクスプロージョンの持ち時計(ベストタイム)

イクスプロージョンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.8 1着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.7 1着(中京)
  • 芝2200m:2.09.5 2着(中京)
  • 芝2400m:2.26.4 5着(東京)

OPに上がって、この先時計勝負にどこまで対応してこられるか?

イクスプロージョンの重馬場適正

イクスプロージョンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-2)
  • 重(0-1-1-0)
  • 不良(0-0-0-1)

まずまず走る。


イクスプロージョンの鉄砲実績(休み明け)

イクスプロージョンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-1)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(1-1-0-1)
  • 5戦目~(2-0-1-1)

イクスプロージョンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-1-0)
  • 中3~5週(2-1-1-4)
  • 中6~8週(2-0-0-1)

イクスプロージョンの枠順適正

イクスプロージョンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-0-3)
  • 5~9番(3-0-2-3)
  • 10~14番(2-0-0-2)
  • 15~18番(未)

イクスプロージョンの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(0-0-0-3)
  • 55キロ(0-1-0-2)
  • 56キロ(3-1-2-3)
  • 57キロ(1-0-0-0)

イクスプロージョンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-2-3)
  • 3~5月(春):(2-2-0-0)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

イクスプロージョンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~478キロ

イクスプロージョンの血統背景

父はオルフェーヴル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念2勝、宝塚記念、凱旋門賞2着)

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系/秋天連覇、有馬記念連覇、日本ダービー2着)。

母方のバレークイーングレースアドマイヤのラインは多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

近親には;

  • リンカーン(阪神大賞典、京都大賞典、日経賞)
  • アンライバルド(皐月賞)
  • フサイチコンコルド(日本ダービー)
  • ヴィクトリー(皐月賞)
  • アリストテレス(アメリカJCC、菊花賞2着)

新潟記念(G3)の結果

【レース前寸評】

左回りの二千なら適条件。力はあるので、重賞初挑戦でもそこそこやれていい馬。荒れそうな馬場も追い風かも。

【結果】

1.2差の12着

道中は先団4番手から、直線では伸びを欠いた。

馬場が渋らなかったことが裏目。

この馬にとっては上りも速すぎたのだろう。

2022年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧