2024年6月2日【安田記念】終了時点までのデータをもとに、カテドラルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

カテドラルの距離適性

カテドラルはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(1-3-1-12)
  • 芝1800m(1-3-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-6)

ベストは1600m。

あとは距離が伸びるにつれて、末脚は怪しくなってくる。

ただ、2000mでも、緩い流れなら末脚は出せる。

1400m以下はまだデータは少ないが、見限れない。

カテドラルの脚質

出遅れが多いこともあり、もっぱら後方からの競馬が目立つ。

強烈な末脚を繰り出すこともあるが、確実性に欠ける。

たいていは位置取りが後ろからの追い込みとなるため、レースの上り時計が34秒前後だと差し届かないケースが多い。

適度に速くない馬場で、G3あたりが狙い目。

あまり好走パターンが読めないムラっぽい馬だが、レースの上りは速くなりすぎない方が戦いやすいことだけは確か。

カテドラルのコース適正

カテドラルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-1-1-7)
  • 中山(1-1-0-3)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-3)
  • 阪神(1-1-0-3)
  • 小倉(0-3-0-3)

ムラ馬なので、コースの巧拙はあまり考えない方がいい。

カテドラルの持ち時計(ベストタイム)

カテドラルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.2 1着(新潟)
  • 芝1600m:1.32.0 1着(中山)
  • 芝1800m:1.45.9 7着(小倉)
  • 芝2000m:1.58.6 4着(小倉)

千六なら速い時計にも対応できていた。

二千の時計は勝ち馬に1.2秒差離された4着。高速決着に対応できたとは言えない。


カテドラルの重馬場適正

カテドラルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-3)
  • 重(1-1-0-0)
  • 不良(未)

末脚を削がれる道悪は基本的にはNGだが、道悪自体は苦にしないので、展開が向けば飛んでくる。

カテドラルの鉄砲実績(休み明け)

カテドラルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-3-0-7)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-5)
  • 3戦目(0-0-0-6)
  • 4戦目(0-2-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-2)

フレッシュな状態が狙いやすい。

カテドラルの枠順適正

カテドラルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-2-0-5)
  • 5~9番(0-1-0-3)
  • 10~14番(1-3-1-11)
  • 15~18番(0-0-0-2)

カテドラルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-5)
  • 3~5月(春):(0-2-1-2)
  • 6~8月(夏):(2-2-0-7)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-7)

カテドラルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(2-4-0-5)
  • 57キロ(0-1-1-4)
  • 58キロ(0-1-0-5)
  • 58.5キロ(0-0-0-3)

G3での連対実績が多いだけに、ハンデ重賞では58.5キロを背負うことが多くなった。しかし58.5キロはちょっときつそう。


カテドラルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~494キロ

カテドラルの騎手相性

(着度数上位3名)

  • 福永祐一(3-1-0-4)
  • 戸崎圭太(1-0-0-4)
  • 田辺裕信(0-2-0-1)

福永騎手とは好相性だった。

カテドラルの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

ロックオブジブラルタルは欧州で走り、「英2000ギニー」「愛2000ギニー」などG1を7連勝。主戦場は芝の短距離~マイル。

半兄に2015年の「エルムS(G3・ダ1700m)」を勝ったジェベルムーサ(父はアグネスタキオン)。