2020年8月30日【朱鷺S】終了時点までのデータをもとに、カテドラルの好走パターンを分析。

カテドラルの距離適性

カテドラルはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-1-1-5)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-1)

芝1800~2000mでの勝利は、緩いペースでの前残りで、レベルの高いレースではない。

逆に芝1600mは3歳重賞でも僅差。

2019年の「マイルCS」では0.5差の6着に入った。

これらのことを考え合わせると、カテドラルの適距離は1600mだと考える。

その前後200mは守備範囲と言ったとろこか。

カテドラルの脚質

出遅れが多いこともあり、最近ではもっぱら後方からの競馬が目立つ。

強烈な末脚を繰り出すこともあるが、確実性に欠ける。

また、位置取りがかなり後ろからの追い込みとなるため、レースの上り時計がかからないと差し届かない。

ただ、展開次第で一発の魅力は常にある。

それだけに扱い辛い。

カテドラルのコース適正

カテドラルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-1-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(1-1-0-1)

カテドラルにとってはコースと言うより、展開や馬場が重要。

カテドラルの持ち時計(ベストタイム)

カテドラルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.2 1着(新潟)
  • 芝1600m:1.32.5 3着(東京)
  • 芝1800m:1.47.5 11着(東京)
  • 芝2000m:2.02.2 11着(中山)

高速馬場、スピード決着には向かない。

カテドラルの重馬場適正

カテドラルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

重馬場での勝利は「新馬戦」。

末脚を削がれる道悪は、基本的にはNGだろう。

カテドラルの鉄砲実績(休み明け)

カテドラルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

フレッシュな状態が狙いやすい。

カテドラルの枠順適正

カテドラルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-1)
  • 10~14番(1-1-1-4)
  • 15~18番(未)

カテドラルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

カテドラルの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(1-1-0-3)
  • 57キロ(0-0-1-0)

カテドラルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~482キロ

カテドラルの血統背景

父は2005年の「有馬記念」をディープインパクトを破って勝利したハーツクライ(サンデー系)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

ロックオブジブラルタルは欧州で走り、「英2000ギニー」「愛2000ギニー」などG1を7連勝。主戦場は芝の短距離~マイル。

半兄に2015年の「エルムS(G3・ダ1700m)」を勝ったジェベルムーサ(父はアグネスタキオン)。

カテドラルの次走

次走は10月31日(土)京都競馬場 芝1400m(外)で行われる「スワンS(G2)」。

調子は良さそうなので、最終週の京都競馬場で、上りがかかる展開になれば、上位に顔を出してくる可能性は大いにある。

 

その他、スワンSの出走馬を分析