2021年1月5日【中山金杯】終了時点までのデータをもとに、ロードクエストの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ロードクエストの距離適性

ロードクエストはこれまでに芝1200m~2000mまでの距離のレースに使われてきた。

それぞれの距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-1-2)
  • 芝1400m(1-1-0-5)
  • 芝1600m(3-1-0-17)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2000m(0-1-0-5)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

G2時代の「ホープフルS」で2着はあるが、レースのレベルとしてはいまいち。

ベストは1400~1600mあたりではないか?

ロードクエストの脚質

出遅れが多い馬なので、位置取りは後方になることが多い。

しかし終いの脚は切れるので、展開次第では追い込みが決まる。

ロードクエストのコース適正

ロードクエストの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-3)
  • 東京(1-2-0-8)
  • 中山(1-1-2-6)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-7)
  • 阪神(0-0-0-4)
  • 小倉(0-0-0-1)

脚質的に、最後の直線は長い方が良さそう。

データ的には遠征競馬は苦手。

ロードクエストの持ち時計(ベストタイム)

ロードクエストの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.5 7着(中山)
  • 芝1400m:1.19.9 12着(東京)
  • 芝1600m:1.31.3 8着(中山)
  • 芝1800m:1.48.2 3着(中山)
  • 芝2000m:1.58.3 8着(小倉)
  • 芝2400m:2.25.0 11着(東京)

自己ベストを計時したときの着順が総じて悪い。

高速馬場、速い時計には不向き。


ロードクエストの重馬場適正

ロードクエストの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-3)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

末脚のキレを削がれる道悪は、基本的にはNGだろう。

ロードクエストの鉄砲実績(休み明け)

ロードクエストの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-7)
  • 3戦目(0-1-1-4)
  • 4戦目(1-0-0-3)
  • 5戦目~(0-0-0-13)

ロードクエストの枠順適正

ロードクエストの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-5)
  • 5~9番(1-2-1-11)
  • 10~14番(2-0-1-9)
  • 15~18番(0-0-0-5)

ロードクエストの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(1-0-1-8)
  • 56.5キロ(0-0-0-1)
  • 57キロ(0-2-1-18)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ロードクエストの好走体重

3着以内の体重は;

  • 444~464キロ

ロードクエストの血統背景

父はマツリダゴッホ(サンデー系)、母の父はチーフベアハート(ND系ダンチヒ)。

5代血統内のクロスは;

  • ヘイルトゥリーズン  9.38% 4 x 5
  • ボールドルーラー  6.25% 5 x 5
  • ノーザンダンサー  6.25% 5+5 (母方)

ロードクエストの次走

次走は2月21日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3)・ハンデ)」。

ハンデが軽くなることもなく、距離、コースともに適条件とは言えない。

 

その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)