2020年7月19日【中京記念】終了時点までのデータをもとに、ロードクエストの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ロードクエストの距離適性

ロードクエストはこれまでに芝1200m~2000mまでの距離のレースに使われてきた。

それぞれの距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-1-2)
  • 芝1400m(1-1-0-5)
  • 芝1600m(3-1-0-17)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2000m(0-1-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

芝2400mを除いて、それぞれの距離で3着以内の実績を上げているロードクエスト。

しかしここでは、3着1回で勝ち鞍がない芝1200mと、3歳時の日本ダービー以降一度も使われていない1800m以上の距離は適性がないと判断して、芝1400m~1600mの距離を中心に分析を進めていく。

ロードクエストの好走パターン

脚質

ロードクエストの脚質は、先行逃げ切り、中団からの差し、後方からの追い込みと多彩だが、先行しての逃げ切りは2着が1回あるのみ。

他は中団からの差しで2勝。後方からの追い込みで2勝、2着1回がある。

好走に直結する脚質は中団からの差し、もしくは後方からの追い込み。

ペース

好走したレースの前後半800mのペースバランスを見ると、ミドルペースで2勝、2着1回。スローペースでも2勝、2着1回となっている。

ハイペース、またはハイペースに近いミドルペースでの好走歴はない。

馬場

稍重の馬場で1勝、2着1回。

その他0.4秒差の5着が1回と、稍重程度なら苦にしない傾向にあるというか、得意の部類。

しかし不良馬場では1.5秒差の12着と大敗しており、程度の激しい道悪馬場には対応できていない。

また、ロードクエストが自己ベストを計時した際のそのコースと順位は以下の通り;

  • 芝1400m:1.19.9 東京競馬場 12着
  • 芝1600m:1.31.3 中山競馬場 8着

自己ベストを出したときには大きくその順位を下げている。

つまりは、速い馬場には全く対応できていないということ。

高速馬場、もしくは時計が出やすい馬場などでは、苦戦を強いられる可能性が極めて高い。

コース

ロードクエストの芝1400m~1600mの、競馬場ごとの成績は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-3)
  • 東京(1-2-0-7)
  • 中山(1-0-1-4)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-7)
  • 阪神(0-0-0-2)

この結果を見る限り、直線の長い短いや、時計が出やすい出にくい、急坂のあるなしなどはあまりレースの内容には関係ないように見える。

あえて言うなら、関西方面への「遠征競馬」が苦手なのか? という印象を受けるくらいだ。

実際、字面上では得意に見える東京。

しかし東京での1勝、2着1回は3歳春時点までのものだし、残りの2着1回は、稍重馬場のスローペース、唯一の先行で挙げた2着であり、東京が得意という内容ではない可能性が高い。

枠順

新馬戦で8枠14番から発走して1着になって以来、外枠(11番から外側の枠)からの発走で3着以内に入ったことは一度もない。

ロードクエストの好走条件

こうして見ていくと、ロードクエストの好走条件というのは非常につかみづらい。

ただ、芝1600mでの勝利、または3着以内は、3歳時の秋以降およそ3年間見られていない。

それ以降の好走は、芝1400mの1着1回、2着1回のみだ。

そしてその2回の内訳は;

パラダイスS(OP特別)1.22.1 2着(2.5馬身差)東京芝1400m 稍重

スワンS(G2)1.21.5 1着(ハナ差)京都芝1400m

と、いずれも遅い時計の決着になっているのが特徴的だ。

今後ロードクエストを狙い撃つなら、芝1400mで、稍重、もしくは重馬場、もしくは開催後半の荒れた馬場などで、時計のかかる馬場。

この1点しかないのではないだろうか?

ロードクエストの血統背景

父はマツリダゴッホ(サンデー系)、母の父はチーフベアハート(ND系ダンチヒ)。

5代血統内のクロスは;

  • ヘイルトゥリーズン  9.38% 4 x 5
  • ボールドルーラー  6.25% 5 x 5
  • ノーザンダンサー  6.25% 5+5 (母方)

ロードクエストの近走

19/3/30 ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 6着(0.4差)

勝馬の走破時計は1.31.7。

ロードクエストが3歳時に勝利した京成杯オータムハンデ(G3)での勝ち時計が1.33.0。

ロードクエストが勝ち負けできる時計では到底ない。

19/5/11 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 12着(0.5差)

勝ち時計が1.19.4のレコード決着。

ロードクエストが芝1400mで上げた唯一の勝利、スワンS(G2)での走破時計は1.21.5。

レコードが出るような速い馬場では、ロードクエストの出る幕はない。

19/6/2 安田記念(G1) 東京芝1600m 12着(1.0差)

例え雨が降って道悪になったとしても、今のロードクエストにG1での好走を期待する方が可愛そう。

19/7/21 中京記念(G3) 中京芝1600m 稍重 11着(0.9差)

ハンデ戦ながら、重賞3勝の実績ではハンデは軽くはならない。

近年実績が出ていない1600mの距離に加えて、ハンデ頭の57キロ。

稍重馬場を味方につけたいところだが、これだけ不利な条件が重なれば、この着順も仕方ないだろう。

19/8/11 関谷記念(G3)新潟芝1600m 6着(0.3差)

最後方から追い込みをかけたロードクエスト。

上りは最速31.9秒を計時したが、レースの上りも34.1秒と速かった。

これでは最後方からでは届かない。

19/9/8 京成杯AH(G3) 中山芝1600m 8着(1.0差)

いつものように後方からの競馬だが、あぶみが外れたり、落鉄したりといろいろあった様子。

馬場もレコードが出るほどの速い馬場。

ロードクエストの出番はハナからなかった。

19/10/26 スワンS(G2)

京都 芝1400m(外)稍重 18頭

着順:15着(1.22.7・1.4差)

騎手:シュタルケ(57キロ)

1枠1番からだがスタート遅く最後方から。

道中は二の脚で順位を中団の後ろあたりに持ってくるが、直線は見せ場なし。

序盤に脚を使った分、終いに脚は残っていなかった?

稍重でも、もう少し渋って欲しかっただろう。

20/4/26 マイラーズC(G2)

京都 芝1600m(外)良 12頭

着順:4着(1.33.0・0.6差)

騎手:松若風馬(56キロ)

後方から、直線は内を突いて伸びて来るが4着まで。

上りはメンバー2位の33.0秒。

調子は良いようだが、これが精一杯のような印象。

20/5/31 安土城S(L・ハンデ)

京都 芝1400m(内)良 17頭

着順:5着(1.21.5・0.2差)

騎手:松若風馬(57キロ)

京都の最終週で荒れ馬場。

距離1400mで、久々に訪れたこの馬の最適条件。

道中は後方から、直線でもジワジワ差を詰めてゴール前は0.2差まで迫ってくる。

トップハンデで0.2差なら上出来。

引き続き調子は良さそう。

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m 良

着順:11着(1.33.3・0.6差)

騎手:松若風馬(57キロ)

道中は後方から、直線馬場の大外を追い込んで来るが0.6差まで詰めるのが精一杯。

ロードクエストの次走

次走は8月16日 小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは引き続き57キロ。

3歳時の「ダービー」以来となる2000m以上の距離。

2歳時の「ホープフルS(G2時代)」では2着があるが、さすがにここでは狙い辛い。

 

その他、小倉記念の出走馬を分析