2023年10月1日【スプリンターズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、マッドクールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

マッドクールの距離適性

マッドクールはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-1-1)
  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-0-1-0)

スプリンター。

マッドクールの脚質

逃げ、先行脚質。

先行力があり、前につけてしぶといSP持続型なので、千二の距離では着順も安定。

スピードの持続力はそこそこありそうだが、主戦場となるのは、パワー、底力を求められる展開か?

マッドクールのコース適正

マッドクールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(1-1-0-0)
  • 中京(3-0-2-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

マッドクールの持ち時計(ベストタイム)

マッドクールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.06.9 1着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.4 1着(中京)
  • 芝1600m:1.37.5 3着(中京)

速い時計にも対応可能。

マッドクールの重馬場適正

マッドクールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪も苦にしない。


マッドクールの鉄砲実績(休み明け)

マッドクールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

マッドクールのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(2-0-1-0)

レース間隔はしっかり取るタイプ。

マッドクールの枠順適正

マッドクールの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(1-0-1-1)
  • 10~14番(3-1-0-0)
  • 15~18番(未)

マッドクールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(2-0-2-0)
  • 57.5キロ(1-0-0-0)
  • 58キロ(0-1-0-0)
  • 58.5キロ(0-0-0-1)

マッドクールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-0)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

マッドクールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 526~536キロ

大型でパワーがありそう。

マッドクールの血統背景

マッドクールは外国産馬。

父はダークエンジェル(ND系トライマイベスト)。

ダークエンジェルは英国で走り、芝のG1を1勝。主戦場は芝の短距離。

種牡馬しても短距離G1ウイナーを多く輩出している。

母の父はインディアンリッジ(トウルビヨン系アホヌーラ)。

インディアンリッジは英国で走り、芝の短距離で活躍した。

種牡馬しても短距離、マイルG1ウイナーを多く輩出している。

マッドクールの近走

23/7/2 CBC賞(G3・ハンデ)

中京 芝1200m 良

着順:9着(1.08.2・1.0差)

騎手:坂井瑠星(58.5キロ)

道中は先団3~4番手の外。

4角は3番手の外目で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、坂の上りでまったく伸びてこなかった。

トップハンデの58.5キロが効いた感じだが、それにしても負け過ぎ。

休み明けで調子自体もいまいちだったのでは?

2023年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

23/10/1 スプリンターズS(G1)

中山 芝1200m(外)良

着順:2着(1.08.0・ハナ差)

騎手:坂井瑠星(58キロ)

10番ゲートから、序盤でうまく内に潜り込み、道中はインの経済コースで虎視眈々。

4角も4番手の最内で直線に向くと、直線は馬場の内目から差し脚を伸ばしてくるが、ゴール前ハナ差及ばずの2着。

この2着はジョッキーの好騎乗もあるが、この距離での安定感もしっかりと示した。

前走が本当に「熱中症」気味だったとすれば、この距離ではまだ底を見せていないことになる。

2023年 スプリンターズS(G1)のラップ分析&回顧