2022年4月10日【桜花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ナムラクレアの好走パターンを分析。

ナムラクレアの距離適性

ナムラクレアはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(2-0-0-0)
  • 芝1400m(0-2-0-0)
  • 芝1600m(0-0-2-1)

データが示す通り、ベストは1200mだろう。

ナムラクレアの脚質

一番力が出せるのは好位からの差し切りだと思われるが、どんな位置からでも競馬はできそう。

瞬発力、持続力、パワーを平均的に兼ね備えているような感じ。

なので着順も安定。

ナムラクレアのコース適正

ナムラクレアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-2-1-1)
  • 小倉(2-0-0-0)

急坂がダメとかではなくて、阪神コースではまだ1200mを走っていない。

ナムラクレアの持ち時計(ベストタイム)

ナムラクレアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.9 1着(小倉)
  • 芝1400m:1.19.0 2着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.0 3着(阪神)

今後千二でどれだけ時計を縮めてこられるか。

ナムラクレアの重馬場適正

ナムラクレアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は走ってきそう。


ナムラクレアの鉄砲実績(休み明け)

ナムラクレアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ナムラクレアのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-0)
  • 中3~5週(0-0-1-1)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

ナムラクレアの枠順適正

ナムラクレアの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-2-1)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

良いのはやはり内枠。

ここまでは枠順には恵まれてきた感じ。

ナムラクレアの斤量別着度数

  • 54キロ(2-2-1-1)
  • 55キロ(0-0-1-0)

ナムラクレアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

ナムラクレアの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~466キロ

ナムラクレアの血統背景

父はミッキーアイル(サンデー系ディープインパクト/NHKマイルC、マイルCS)。

母の父はストームキャット(ノーザンダンサー系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5F(約1200~1700m)で活躍。現役時代はG1を1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。代表産駒のジャイアンツコーズウェイも種牡馬として高い名声を誇る。

ナムラクレアのここまでの走り

21/8/1 2歳新馬(牝)

新潟 芝1600m(外)良

着順:3着(1.36.1・0.7差)

騎手:鮫島克駿(54キロ)

3枠3番から道中は3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くが、直線では内にもたれる。

それでも残り200mあたりまでは先頭に食らいついていたが、残り200mを過ぎると、内からマリネロにも交わされて3着。

内にもたれる場面もあったが、距離は大丈夫か?

21/8/14 フェニックス賞(2歳OP)

小倉 芝1200m 不良

着順:1着(1.10.8・-0.1差)

騎手:松山弘平(54キロ)

道中は3番手の内。

4角は2番手の内で直線に向き、直線は逃げ粘るテイエムスパーダとの追い比べを制してゴール。

道悪は得意そう。

21/9/5 小倉2歳S(G3)

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.07.9・-0.4差)

騎手:浜中俊(54キロ)

外枠9番から道中は中団6番手の外。

4角は7番手の大外を回して直線に向くと、直線では馬群の大外から鮮やかな追い上げを見せてゴール。

上りの脚はメンバー最速の33.9秒。

走破時計の1.07.9も上出来。

前走の不良馬場から一転、スピード勝負でも強さを見せた。

21/11/06 ファンタジーS(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.21.2・0.1差)

騎手:浜中俊(54キロ)

道中は中団の前、4番手を追走していたが、やや力み加減でジョッキーが手綱を抑える。

4角は3番手で直線に向くと、直線は2番手のウォーターナビレラと馬体を併せて追い比べ。

坂の上りでウォーターナビレラに前に出られると、そのまま抵抗できずに2着まで。

道中力んだ分の差が最後に出た、とは鞍上のコメント。

21/12/12 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(1.34.3・0.5差)

騎手:浜中俊(54キロ)

1枠1番からだが、ポジションは取らず、道中は中団の後ろ、11番手あたりのインでじっとしている。

4角も13番手の内で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げに入り、ジワジワとは伸びてくるが、突き抜ける脚はない。

折り合いはついたようだが、位置取りが後ろすぎた感じ。

ポジションさえ取れればしぶとそうだが・・・。

2021年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

22/3/13 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.19.9・頭差)

騎手:浜中俊(54キロ)

スタート出遅れて、道中は中団のやや後ろ、勝ったサブライムアンセムの一列前あたりの9番手。

4角も中団9番手だが、一目散に外目に進路を取って直線。

直線は勝ったサブライムアンセムと一緒に脚を伸ばしてきて、坂の上りでは一旦先頭には立ったが、ゴール前、頭差交わされての2着。

4角で外に出した距離ロスもあるが、キレ負けしている感じもある。

2022年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

22/4/10 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.0・0.1差)

騎手:浜中俊(55キロ)

1枠1番から道中は4番手の最内。

4角も最内4番手から直線に向き、直線は馬群の最内から追い上げに入り、ウォーターナビレラと一緒に伸びてはくるが、ゴール前少し甘くなって3着まで。

1枠1番から最短コースを通っての3着確保。

最後に甘くなったのは、やはり距離だろう。

2022年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、函館スプリントS(G3)に向けて

次走は6月12日(日)、函館競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

千二はベストの距離。

力のある馬なので函館の洋芝も苦にしないだろう。

おまけに、実績のある馬にも関わらず、3歳牝馬で斤量は50キロ。

これは手強い。

 

⇒その他、函館スプリントS(G3)の出走馬を分析