ライラックのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ライラックのここまでの走り

21/10/16 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.50.1・-0.2差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は先団4~5番手。

4角は3番手の外で直線。

直線は抜群の手応え、馬なりで坂を上がってきて2番手に浮上。

そのあともノーステッキで逃げ粘るバリューテーラーを交わすと、余裕の手応えでゴール。

まさに回ってきただけで勝ちを収めた格好。

時計自体は平凡。

相手が弱すぎて、この馬の力の片りんは見えず仕舞い。

21/11/27 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:8着(2.04.5・1.2差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団5番手追走。

3~4角で押し上げて行って、4角は一団となった3~4番手の外で直線。

直線では馬群の中ほどかあ追い上げに入るが、坂下ですでに伸びを欠き、あとはズルズルと後退。

当日の馬体重は-10キロ。

関東からの長距離輸送が堪えた可能性が高い。


ライラックの脚質

中団も前目あたりからの好位差しが良さそうだが、何せまだ「新馬戦」しか判断材料がない。

「新馬戦」は強さを感じさせる競馬ではあったが、まだ良く分からないというのが本当のところ。


ライラックの血統背景

父はオルフェーヴル(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念2勝、宝塚記念、凱旋門賞2着2回、ジャパンカップ2着)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー)。

半兄には「札幌2歳S」を勝ったブラックホール

次走、フェアリーS(G3)に向けて

次走は1月10日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

「新馬戦」の強さが本物なら、ここでもそこそこの走りはしてくるだろうが、未知な面が多すぎる。

 



関連記事(一部広告を含む)