2022年5月8日【新潟大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アイコンテーラーの好走パターンを分析。

アイコンテーラーの距離適性

アイコンテーラーはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-0-1-2)
  • 芝2000m(2-0-1-3)

1800~2000mは問題ない。

アイコンテーラーの脚質

先行脚質。

前々で折り合って、そのまま押し切る競馬。

ここまでの好走パターンは、スローの流れを前目からの押し切り。もしくは、かなり上りを要する消耗戦での、走破時計度外視の粘り込み。

他には

アイコンテーラーのコース適正

アイコンテーラーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(4-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-1-2)
  • 小倉(0-0-1-0)

新潟コースは大得意。

一方で、右回りで「外に張る」というコメントが出ているように、右回りは苦手っぽい。

あわせて、直線急坂もちょっと怪しい。

アイコンテーラーの持ち時計(ベストタイム)

アイコンテーラーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.24.3 12着(京都)
  • 芝1600m:1.35.7 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.0 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.4 9着(新潟)

千八の時計はハンデ52キロで計時。

アイコンテーラーの重馬場適正

アイコンテーラーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

消耗戦は好きそうなので、道悪で上りがかかるのは歓迎だろう。

アイコンテーラーの鉄砲実績(休み明け)

アイコンテーラーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-1-0)
  • 3戦目(1-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

アイコンテーラーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(3-0-1-1)
  • 中3~5週(0-0-1-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

アイコンテーラーの枠順適正

アイコンテーラーの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-2)
  • 5~9番(3-0-1-2)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

脚質的にも内目の枠がよさそう。

アイコンテーラーの頭数別着度数

アイコンテーラーの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(未)
  • 9~13頭(4-0-2-0)
  • 14頭以上(0-0-0-7)

気になるデータ。

多頭数で揉まれる競馬がダメなのか?

アイコンテーラーの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-2)
  • 52キロ(0-0-1-1)
  • 53キロ(3-0-1-0)
  • 54キロ(1-0-0-4)

アイコンテーラーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-2)
  • 3~5月(春):(2-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-3)

アイコンテーラーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~472キロ

アイコンテーラーの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

母の父はケイムホーム(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

ケイムホームは米国で走り、ダートG1を3勝。主要距離はダートの短距離、マイル、中距離。

近親にトウショウナイト(アルゼンチン共和国杯)。

アイコンテーラーの前走

22/5/8 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:9着(1.58.4・0.7差)

騎手:亀田温心(52キロ)

道中は4番手ながらインに入り馬群に包まれるかたちに。

4角も4番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げに入り、残り200mあたりまでは先頭争いの一角を担っていたが、残り100mあたりで失速した。

色々と敗因はあるだろうが、またしても多頭数で大きく負けた。

これが一番大きな敗因ではないだろうか?

2022年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

次走、マーメイドS(G3・ハンデ)に向けて

次走は6月19日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「マーメイドS(G3・ハンデ)」。

ハンデは53キロ。

コースが適正条件から外れる上に、今回も多頭数になるもよう。

あまり大きな期待はできない。

 

⇒その他、マーメイドS(G3)の出走馬を分析