モリアーナのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

モリアーナの前走

23/9/9 紫苑S(G2)

中山 芝2000m(内)稍重

着順:1着(1.58.0・-0.1差)

騎手:横山典弘(54キロ)

道中は後方15番手の内目を追走。

3~4角で外に出して、4角は14番手の外から直線。

直線は大外に進路を取るのではなく、馬群の中ほどから馬群を縫うように伸びてきて、ゴール前、前で粘り込みを計るヒップホップソウルを半馬身交わしてゴール。

後方からの追い込みは、展開が向いた側面も当然あるが、それでも、道中の比較的速い流れから、一頭だけ終いの脚が34秒台、それも前半の末脚は評価できる。

この馬としては初めての2000mだったが、これくらいの距離で、これくらいの流れが一番合っていたのではないか?

2023年 紫苑S(G2)のラップ分析&回顧

23/10/15 秋華賞(G1)

京都 芝2000m(内)稍重

着順:5着(2.01.7・0.6差)

騎手:横山典弘(55キロ)

道中は中団の後ろあたり、内ぴったりの追走。

4角も中団の後ろ、13番手の最内で直線に向き、直線は馬場の内目をスルスルと伸びてはくるが、あの位置取りからでは届かない。

最短コースから直線も内を狙って追い込みを見せたが、今回の展開では届かない。

2023年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

24/1/21 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m(内)不良

着順:4着(2.16.8・0.2差)

騎手:横山典弘(54キロ)

道中は最後方で脚を溜めて、3角を過ぎてから大外を回して進出して、4角は8番手の大外で直線。

直線は馬群の大外から追い上げに入り、良い脚で伸びては来るがアタマ差の4着。

一頭だけ36秒台の脚で追い上げてきたが、36.9秒では届かなかった。

しかしこの馬、こういうタフなレースは走る。

2024年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧


モリアーナの脚質

先行押し切り、後方からの追い込み。

ずっと1600mを主戦場にしていたが、「紫苑S」では初めての2000mで見事な差し切り勝ちを決めた。

この馬の場合、おそらく中距離の方が走りやすそうな感じ。

そして終いの脚は、キレッキレと言うよりは、タフな流れから繰り出すパワー系の末脚。

なので、レースの上りが速くなるなら、後方からだと差し届かない場面も出てきそう。

また、スローの切れ味勝負でも後手を踏みそう。

スタミナ、パワーを要求されるレースで浮上してくるイメージ。

さらに、「紫苑S」で見せた、馬群を縫うようにしての追い上げなど、かなり器用な一面も持ち合わせている馬で、小回りコースでは力が出せそう。


モリアーナの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ)。

母の父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。