2021年4月18日【皐月賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シュヴァリエローズの好走パターンを分析。

シュヴァリエローズの距離適性

シュヴァリエローズはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-1-0-2)

中距離は走れそう。

シュヴァリエローズの脚質

先団、もしくは中団あたりから終いを伸ばしてくる競馬。

終いのキレと言うより、前目につけて押し切る持続型だろう。

ポジションが後ろになると切れる脚がない分、追い上げには苦労する。

シュヴァリエローズのコース適正

シュヴァリエローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

シュヴァリエローズの持ち時計(ベストタイム)

シュヴァリエローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.7 5着(新潟)
  • 芝1800m:1.48.1 1着(京都)
  • 芝2000m:2.00.0 2着(阪神)

速い時計がひとつもない、というか遅い時計ばかり。

シュヴァリエローズの重馬場適正

シュヴァリエローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重の「皐月賞」では苦しい走りだったが、これは馬場よりも乗り方に問題があったと思う。

道悪適正はまだ未知数。


シュヴァリエローズの鉄砲実績(休み明け)

シュヴァリエローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シュヴァリエローズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

シュヴァリエローズの枠順適正

シュヴァリエローズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(未)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

シュヴァリエローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

シュヴァリエローズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(0-1-0-1)

シュヴァリエローズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 436~444キロ

シュヴァリエローズの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はセーヴルロゼ(ND系カーリアン)。

セーヴルロゼはレースには出走していない様子。

シュヴァリエローズのここまでの走り

20/6/21 2歳新馬

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.35.9・-0.1差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中3番手から、直線はブレイブライオンとの叩き合いを制してゴール。

新馬戦なりの勝ち上がり。

20/8/30 新潟2歳S(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:5着(1.35.7・1.1差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

出遅れて後方から。

直線は馬場の内を狙って伸びて来るが、5着まで。

道中のペースも速く、出遅れが響いた。

20/10/31 萩S(L)

京都 芝1800m 良

着順:1着(1.48.1・-0.1差)

騎手:北村友一(55キロ)

道中は2番手。

逃げたピンクカメハメハが離して逃げていたので、この馬としては緩めのペース。

直線を向いて早々に先頭を捉えると、ジュンブルースカイの内からの追い上げを凌ぎ切ってゴール。

時計も平凡で、特に強調する材料はない。

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:5着(2.03.4・0.6差)

騎手:北村友一(55キロ)

外枠13番から道中は中団7~8番手。

3~4角では少し置かれて、4角は少しポジションを下げて中団の後ろあたり、11番手で直線。

直線は馬群の外目を追い上げてくるが、0.6差の5着まで。

外枠から、終始外目を回ってきた割には、最後はそこそこ伸びた。

まずまずの走りはできたのではないか。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/3/20 若葉S(L)

阪神 芝2000m 良

着順:2着(2.00.0・0.5差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中は中位の5番手の内。

今回も3~4角の勝負どころでの反応は鈍いが、4角6番手で直線に向くと、直線は馬群の中ほどをジワジワと伸びて来た。

2着には入ったが、勝ったアドマイヤハダルには3馬身離されている。

切れ味勝負では後手を踏むタイプだろう。

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:11着(2.02.4・1.8差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

道中は中団の後ろ、10番手あたり。

4角は馬10頭分くらい大外を回されて直線に向くが、直線では見せ場なく11着。

道中終始外々を回っていたことは距離ロスに通じてくるかもしれないが、そもそもあの位置取りからでは、この馬の持ち味は生きないだろう。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月4日(日)、福島競馬場 芝1800mで行われる「ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

前目のポジションさえ取れれば、そこそこ粘ってくる可能性はある。

あとは他馬との斤量差をどう克服するか。

 

その他、ラジオNIKKEI賞(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)