ジュンブロッサムのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

ジュンブロッサムのここまでの走り

21/10/23 2歳新馬

東京 芝2000m 良

着順:2着(2.03.4・0.2差)

騎手:武豊(55キロ)

外枠12番から道中は先団3~4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は馬場の最内から追い上げに入り、坂を上りきってからひと伸びしたが、外から追い上げて来たデリカテスには約1馬身及ばずの2着。

道中はスローで前有利。

最後は勝ち馬に切れ負け。

21/11/20 2歳未勝利

東京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.2・-0.1差)※2歳レコード

騎手:武豊(55キロ)

外枠12番から道中は3~4番手を追走。

大逃げを打つユイノゴトクに4角では6~7馬身離されて、4角は3番手で直線。

直線は坂の上りで2番手に上がると、あとはジワジワと逃げるユイノゴトクを追い詰めて、ゴール前、計ったようにユイノゴトクを捉え切ってゴール。

大逃げを打ったユイノゴトクに引っ張られて、2番手以降も道中はそこそこ速い流れで追走していた。

それもあってレコード勝ちにも結び付いたが、未勝利戦でこの時計なら、SPの持続力はそこそこ期待できそう。

22/2/13 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重

着順:4着(1.48.5・0.6差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は先団3~4番手の外。

4角も3番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、その伸びはジワジワと言った感じでキレはない。

スローの瞬発戦には向いていない感じだが、休み明けの+18キロでかたちは作った。

2022年 共同通信杯(G3)のラップ分析&回顧

22/3/6 アルメリア賞(3歳1勝クラス)

阪神 芝1800m(外)良

着順:2着(1.46.4・0.1差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

1枠1番から道中は3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くが、ちょっと進路が塞がってなかなか抜け出せない状態が続く。

坂の上りで、狭い間をこじ開けて抜けてくるが、外から抜け出していたピースオブエイトには届かず。

ペース的にはそこそこ流れてこの馬向きの展開になったが・・・。

ちょっと不運な敗戦。


ジュンブロッサムの脚質

スタートは速いので、前目のポジションは取れる馬。

そこそこの持続力はあるので、前々でしぶとさを発揮しそう。


ジュンブロッサムの血統背景

父はワールドエース(サンデー系ディープインパクト/きさらぎ賞、マイラーズC)。

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

近親にはモズカッチャン(エリザベス女王杯)。

次走、アーリントンC(G3)に向けて

次走は4月16日(土)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「アーリントンC(G3)」。

スローの瞬発戦は避けたいところだが、この面子ならなんとかならないか。

 

⇒その他、アーリントンC(G3)の注目馬を分析