2022年7月31日【クイーンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ラヴユーライヴの好走パターンを分析。

ラヴユーライヴの距離適性

ラヴユーライヴはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-1-3)
  • 芝2000m(1-2-0-3)

適距離は1600~1800m。

2000mはギリギリなので、緩い流れでないと持たない。

ラヴユーライヴの脚質

先行押し切り、中団からの差し。

適距離ではそこそこ流れても力は出せるが、キレる脚はないので、出遅れなどでポジションを下げると勝負にならない。

ポジションは最低でも中団、前目ならなお良し。

ラヴユーライヴのコース適正

ラヴユーライヴの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-2)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-2-1-3)
  • 小倉(未)

ラヴユーライヴの持ち時計(ベストタイム)

ラヴユーライヴの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.9 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.0 3着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.0 13着(阪神)

千六の時計はそこそこ速いが、53キロの軽ハンデ。

ラヴユーライヴの重馬場適正

ラヴユーライヴの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪はまだなんとも言えない。


ラヴユーライヴの鉄砲実績(休み明け)

ラヴユーライヴの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ラヴユーライヴのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-2-0-2)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-2)

ラヴユーライヴの枠順適正

ラヴユーライヴの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-2)
  • 5~9番(2-1-1-3)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

ここまで枠順に恵まれているが、外枠は苦手かもしれない。

ラヴユーライヴの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-1)
  • 53キロ(1-1-0-1)
  • 54キロ(1-1-0-2)
  • 55キロ(1-1-1-3)

440キロそこそこの軽量牝馬だが、斤量にはあまり動じない。

ラヴユーライヴの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(1-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-3)

ラヴユーライヴの好走体重

3着以内の体重は;

  • 420~450キロ

大幅な馬体重の増減があっても、好走するときの方が多い。

ラヴユーライヴの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はストームキャット(ノーザンダンサー系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5F(約1200~1700m)で活躍。現役時代はG1を1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。代表産駒のジャイアンツコーズウェイも種牡馬として高い名声を誇る。

母方の4代前パサドブル(Pasadoble)を祖とする牝系は、多くのG1ウイナー、名種牡馬、名繁殖牝馬を輩出している名門牝系。

ラヴユーライヴの全姉には、ラヴズオンリーユー(オークス、クイーンエリザベス2世カップ、ブリーダーズカップフィリー&メアターフ、香港カップ)。全兄にはリアルスティール(ドバイターフ)がいる。

クイーンS(G3)の結果

【レース前寸評】

OPに昇格して初めての適距離、1800m。

スタートさえ五分なら、そこそこ戦える力はあると思うが・・・。

【結果】

0.3差の4着。

スタートで出遅れているわけではないがポジションが取れない。

終いはメンバー最速の脚を出してはいるが、あの位置からでは届かない。

2022年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧