ナミュールのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ナミュールのここまでの走り

21/9/11 2歳新馬(牝)

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.39.0・-0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

4枠4番から道中は2番手。

道中は超スローの展開で、4角も2番手で直線に向くと、直線は坂の上りで先頭に立つと、そこからステッキを2、3発入れるとまたビュンッと加速して後続を突き放した。

上がりの脚は33.3秒。

流れが遅すぎて、この競馬だけではなんとも言えない。

21/11/21 赤松賞(2歳1勝C)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.8・-0.3差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

スタート出遅れて、道中は中位のやや後ろ、5番手の外を追走。

4角も5番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目から、4~5馬身先の逃げ粘るパーソナルハイを追う。

坂の上りで差を縮め、残り200mでは射程圏。

残り100mあたりで先頭を交わすと、あとは余裕綽々でゴール。

上りの脚は33.0秒。

瞬発力の高さを示した。

【期待される能力】

  • 瞬発力

ナミュールの脚質

終いを生かす競馬。

瞬発力は相当ありそう。


ナミュールの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。

母方の8代前まで遡るとクインナルビーがいて、この牝系はあのオグリキャップを出した牝系。

またその後もこの牝系はオグリローマンキョウエイマーチといった桜花賞馬を輩出している。

ナミュールの曾祖母がキョウエイマーチ。

次走、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に向けて

次走は12月12日(日)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」。

相当高い次元の瞬発力を持っていそうなので、展開さえ向けば、まとめて交わす場面もあるかもしれない。

 

⇒その他、2021・阪神阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)