ナミュールのキャリアはまだ浅いので、ここまでの走りを振り返る。

ナミュールのここまでの走り

21/9/11 2歳新馬(牝)

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.39.0・-0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

4枠4番から道中は2番手。

道中は超スローの展開で、4角も2番手で直線に向くと、直線は坂の上りで先頭に立つと、そこからステッキを2、3発入れるとまたビュンッと加速して後続を突き放した。

上がりの脚は33.3秒。

流れが遅すぎて、この競馬だけではなんとも言えない。

21/11/21 赤松賞(2歳1勝C)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.8・-0.3差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

スタート出遅れて、道中は中位のやや後ろ、5番手の外を追走。

4角も5番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目から、4~5馬身先の逃げ粘るパーソナルハイを追う。

坂の上りで差を縮め、残り200mでは射程圏。

残り100mあたりで先頭を交わすと、あとは余裕綽々でゴール。

上りの脚は33.0秒。

瞬発力の高さを示した。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/12/12 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:4着(1.34.0・0.2差)

騎手:C・デムーロ(54キロ)

スタートで大きく出遅れて最後方からの競馬になった。

すぐに二の脚を使って後方に何とか取りついて、道中は17番手の内。

4角も17番手の内で直線に向くと、直線は馬場の最内、内ラチ沿いを懸命に追って来るが4着まで。

しかし大きく出遅れて序盤でリカバリーの脚も使い、直線は馬場の悪い最内を通って追い上げてきて、3着のウォーターナビレラにクビ差の4着。

出遅れが響いたことは言うまでもないが、力のあるところは十分に示した。

2021年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

22/3/5 チューリップ賞(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.33.2・-0.2差)

騎手:横山武史(54キロ)

ゲートは五分に出て、道中は中団7番手。

4角は8番手で直線に向くが、完全に馬群に包まれている。

なかなか出すところがない中で、残り300mあたりで外にスペースが出来た。

進路を外に取ってからは一完歩ずつ先頭に詰め寄って行き、ゴール前では一気に突き抜けた。

鞍上のコメントにもあった通り、馬の能力で勝ち取った勝利。

やはりこの馬の末脚はハンパない。

2022年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧

22/4/10 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:10着(1.33.2・0.3差)

騎手:横山武史(55キロ)

大外18番からスタート少し出遅れて、道中は中団の後ろ、13番手の外。

3~4角で徐々に進出を開始して、4角は12番手の大外で直線に向く。

直線は馬群の大外から追い上げに入るが、0.3差の10着が精一杯だった。

1番人気ということもあり、3~4角では早めに動いていったのだろうが、それが外々を回るハメになって、最後の脚にも響いた感じ。

終始外々を回って、4角も大外。

この日の馬場では仕方のない結果かもしれないが、同じような位置にいたサークルオブライフはそれでも4着に入っている。

この馬の末脚をちょっと過大評価しすぎたか?

2022年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧


ナミュールの脚質

終いを生かす競馬。

瞬発力は相当ありそうだが、ハービンジャー産駒の末脚なので、キレッキレの末脚勝負となるとどうか?

スタートが悪い馬で、ここまで5戦走って4戦でスタートを出遅れている。

終いの脚が良いだけに、スタートの改善が望まれる。


ナミュールの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。

母方の8代前まで遡るとクインナルビーがいて、この牝系はあのオグリキャップを出した牝系。

またその後もこの牝系はオグリローマンキョウエイマーチといった桜花賞馬を輩出している。

ナミュールの曾祖母がキョウエイマーチ。

次走、優駿牝馬(オークス)(G1)に向けて

次走は5月22日(日)、東京競馬場 芝2400m で行われる「優駿牝馬(オークス)(G1)」。

前走でその末脚が「ズ抜けた瞬発力」ではないことは分かった。

併せてこの馬の血統が牝系も含めて、東京2400mの距離にちょっと弱いように感じる。

ここは評価を落としてみる手もある。

 

⇒その他、優駿牝馬(オークス・G1)の出走馬を分析