ベルクレスタのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

ベルクレスタのここまでの走り

21/6/12 2歳新馬

中京 芝1600m 良

着順:2着(1.35.2・0.2差)

騎手:松山弘平(54キロ)

大外10番から出遅れたが、二の脚で先団の後ろまで取り付く。

中盤からペースアップしたところを、終始外々を回りながら追走。

4角も先団4番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目を追い上げて行くが、内から先に抜けだしたセリフォスには1馬身半及ばずの2着。

道中そこそこペースアップしたものの、出遅れの不利、終始外目を回る距離ロスがありながらのこの走りなら上出来。

21/8/1 2歳未勝利

新潟 芝1600m 良

着順:1着(1.35.6・-0.6差)

騎手:松山弘平(54キロ)

スタート五分で道中は中団6番手。

4角は8番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げを計り、抜群の手応えで残り200mではノーステッキで先頭に立つと、そこからは後続を3馬身半突き放してのゴール。

終いの脚は33.8秒。

前走とは一転、スローの流れで瞬発力のあるところを示した。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/10/30 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.34.0・クビ差)

騎手:松山弘平(54キロ)

2枠2番からスタートを決めて道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向くと、直線では楽な手応えで坂を上り、残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切るかに思えたが、外からサークルオブライフの強襲に屈してクビ差の2着。

切れ味勝負では勝ち馬に軍配。


ベルクレスタの脚質

終いの脚もそこそこ速そうだが、前につけて持続力を生かす競馬でどうか?

切れ味勝負ではやや劣るか?


ベルクレスタの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

母の父はニューメラス(ミスプロ系)。

ニューメラスは米国で走り、ダートの短距離、マイルで活躍。

ベルクレスタの半姉にはアドマイヤリード(ヴィクトリアマイル)。

次走、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に向けて

次走は12月12日(日)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」。

力はありそうだが、現状では上位馬とは少し見劣りがする印象。

 

⇒その他、2021・阪神阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)