サークルオブライフのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

サークルオブライフのここまでの走り

21/8/28 2歳新馬

新潟 芝1800m(外)良

着順:3着(1.48.6・1.2差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団の内、8番手を追走。

4角は6番手の内で直線。

直線は各馬、馬場の悪い内を避けて走る中、デムーロ騎手は最短距離の内を選択。

その結果、馬場の内目をしっかりと伸びて、残り200mあたりまでは先頭争い。

しかしラスト200mからは外差し馬場に抗うことはできず3着。

勝ち馬には7馬身離されたが、2着馬には1馬身差。

通ったコースを考えると、上々の滑り出しだろう。

21/9/20 2歳未勝利(牝)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.35.4・-0.4差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

スタート大きく出遅れて、序盤は前の馬からは4~5馬身離れた最後方。

しかし400m走り終えたあたりから猛然とスパート。

みるみる内に順位を上げて、3角は6番手、4角は2番手で直線。

直線は坂下で先頭を捉えると、坂の途中では一気に後続を突き放して、終わってみれば2馬身半差のゴール。

自身の上りはメンバー最速の35.4秒。

それにしてもかなり長い脚を使っていてこの勝ち方。

最後の急坂で突き放すあたりパワーもありそう。

【期待される能力】

  • スピード持続力
  • パワー

21/10/30 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.34.0・クビ差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

スタートは五分に出て、道中は中団7番手の内。

4角は8番手の内で直線に向くが、直線は馬群の外目に進路を取って追い上げを計り、上り時計メンバー最速の33.5秒の脚で見事な差し切り。

この馬、瞬発力も相当ありそう。

【期待される能力】

  • 瞬発力

サークルオブライフの脚質

スタートはあまり速い方ではなさそうなので、ポジションとしては中団からの競馬になるのだろう。

中団で脚を溜めるもよし、ペースが遅いようなら捲って行っても長く良い脚を使えるだろう。

万能型のようだが、気性的にまだ少し幼さが残る感じ。


サークルオブライフの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、皐月賞2着、日本ダービー2着)。

母の父はアドマイヤジャパン(サンデー系/京成杯、菊花賞2着、皐月賞3着)。

母方の5代前、ソヴリンレイディ(Sovereign Lady)を祖とする牝系は、ビリーヴ(スプリンターズS、高松宮記念)など、多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

特に3代前のスターマイライフからのラインは、トレンドハンター(フラワーC、桜花賞3着)などの牝馬の活躍が目立つ。

次走、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に向けて

次走は12月12日(日)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」。

かなり強い力を秘めていそうな一頭。

血統面からも推せる。

 

⇒その他、2021・阪神阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)