ステルナティーアのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ステルナティーアのここまでの走り

21/8/8 2歳新馬

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.36.0・-0.5差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の外、8番手を追走。

4角も8番手の外で直線に向くと、直線は抜群の手応えで先頭に迫ると、残り200mで先頭に立ち、あとは後続を引き離すだけ。

スローの流れとはいえ、終いの脚は32.7秒。

瞬発力はありそう。

【期待できる能力】

  • 瞬発力

21/10/9 サウジアラビアRC(G3)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.36.5・0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は先団3番手追走。

4角も3番手で直線に向くが、先に抜け出していたコマンドラインとの差は詰められず、2着まで。

前半600mあたりでスローの流れを嫌ったコマンドラインは5番手から2番手に順位を上げた。

勝負はここで決まっていたかも。


ステルナティーアの脚質

好位で脚を溜めて、終いの脚を生かす競馬。

瞬発力はありそうだが、ここまでの2戦はいずれもかなり緩い流れ。

この先ペースが上がっても、速い脚が繰り出せるか否か?


ステルナティーアの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はファルブラヴ(ノーザンダンサー系)。

ファルブラヴは欧州、日本、香港で走り、G1を8勝。主戦場は芝の1800~2400m。

ステルナティーアの全兄にはステルヴィオ(マイルCS)。

母方の6代前、ダンスタイムを祖とする牝系はシンボリルドルフを出した名門牝系。

次走、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に向けて

次走は12月12日(日)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」。

スローの瞬発力勝負になれば良い勝負をしてきそうだが、それ以外の展開となるとまだ未知数。

 

⇒その他、2021・阪神阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)