2021年9月26日【神戸新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、モンテディオの好走パターンを分析。

モンテディオの距離適性

モンテディオはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-3-1-0)
  • 芝2200m(0-0-2-0)
  • 芝2400m(0-1-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-1)

距離はそこそこ長いところの方が良さそうな印象。

モンテディオの脚質

前目につけて、タフな流れで粘り込む競馬がベストだろう。

ただ、安定して先行できる馬でもない。

また、特別切れる脚もない。

しかし、後ろからなら早めのロングスパートも使える馬。

いずれにしても、上りがかかった方が良い馬だということは確かだろう。

最低でも、上り35秒後半は欲しいのではないか?

モンテディオのコース適正

モンテディオの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(0-2-2-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

モンテディオの持ち時計(ベストタイム)

モンテディオの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.2 1着(小倉)
  • 芝2000m:2.01.8 2着(中京)
  • 芝2200m:2.12.9 3着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.6 8着(東京)
  • 芝2500m:2.41.1 1着(札幌)

速い馬場には向かないと思う。

モンテディオの重馬場適正

モンテディオの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(0-0-1-0)

苦手ということはなさそう。


モンテディオの鉄砲実績(休み明け)

モンテディオの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-2-0)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

モンテディオのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-1-0)
  • 中3~5週(1-2-1-1)
  • 中6~8週(未)

モンテディオの枠順適正

モンテディオの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-1-0)
  • 5~9番(1-2-2-0)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

モンテディオの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(0-1-0-0)
  • 56キロ(1-2-2-1)

モンテディオの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-2-2-0)

モンテディオの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~488キロ

モンテディオの血統背景

父はジャスタウェイ(サンデー系ハーツクライ/秋天、ドバイデューティフリー、安田記念)。

母のディオニージアは伊オークス馬。

母の父はテハノラン(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

テハノランは米国で走り、ダートの8~10F(約1600~2000m)で活躍。重賞5勝。

母方の3代前にはリボー系が鎮座しており、何かやりそうな雰囲気はある。

モンテディオの前走

21/9/26 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200.m 不良

着順:3着(2.18.5・0.5差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線の入り口では早くも先頭。

坂を上りきったあたりでレッドジェネシスに交わされるが、それでもそこからしばらくは食らいついてはいた。

残り100mあたりでステラヴェローチェに交わされてからは、ちょっと息が上がったように遅れ始めたが、ズルズルとは行かずに3着は死守した。

この馬の場合、まだまだ成長途上で「体が使い切れていない」というレース後のコメントも出ている。

この先の成長には大きな期待が持てそう。

2021年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

本番への出走権がつかめれば面白いと思っていた馬。

まだまだ成長途上と言うことだが、今年の面子ならいい勝負をしてくるかもしれない。

 



関連記事(一部広告を含む)