2022年11月13日【福島記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ベレヌスの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ベレヌスの距離適性

ベレヌスはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-4)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(3-1-2-4)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

現状では2000mが適条件だが、1800m、1600mも守備範囲。

ベレヌスの脚質

逃げ、先行脚質。

番手でも競馬はできるが、逃げた方が力は出せるだろう。

速い上りは使えないので、あまり緩い逃げは考えもの。

ベレヌスのコース適正

ベレヌスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-1-1-2)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-6)
  • 小倉(2-0-1-0)

中京での勝利は、軽ハンデでのスローの逃げ。

直線急坂に課題があるのかもしれない。

また、ほとんどすべてがコーナー4つ。

ワンターンの東京2000mでは大敗している。

小回り平坦巧者。

ベレヌスの持ち時計(ベストタイム)

ベレヌスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.5 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(小倉)
  • 芝2000m:1.58.4 3着(小倉)
  • 芝2200m:2.14.3 4着(阪神)
  • 芝2400m:2.27.2 14着(阪神)

あまり速い時計は向いていそうにない。

ベレヌスの重馬場適正

ベレヌスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

緩い馬場は合わないというコメントもあったが、稍重までならそれなりには走れそう。

ただし、馬場自体は荒れていない綺麗な馬場がいい。


ベレヌスの鉄砲実績(休み明け)

ベレヌスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-2)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(0-1-0-4)

ベレヌスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(2-0-1-3)
  • 中6~8週(0-2-0-5)

ベレヌスの枠順適正

ベレヌスの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-6)
  • 5~9番(1-1-2-4)
  • 10~14番(2-0-0-1)
  • 15~18番(未)

脚質的には内目の枠が欲しいところ。

ベレヌスの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(0-0-1-2)
  • 55キロ(2-1-1-2)
  • 56キロ(1-1-0-3)
  • 57キロ(0-0-0-3)

ベレヌスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-0-2-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ベレヌスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 508~524キロ

ベレヌスの血統背景

父はタートルボウル(ND系)。

タートルボウルは欧州で走り、マイルG1を1勝。

母の父はデュランダル(サンデー系/スプリンターズS、マイルCS連覇)。

ベレヌスの近走

22/7/24 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.45.9・-0.1差)

騎手:西村淳也(55キロ)

【レース前寸評】

まだこのクラスで戦える力はない感じ。

【結果】

7枠14番から果敢にハナへ。

道中はスローのマイペースの逃げ。

4角も後続に1馬身の差をつけて直線に向き、直線もその差をしっかりと保っての逃げ切り勝ち。

コース相性の良さと、前有利の馬場状態を味方につけての快勝。

まだこのクラスでは力不足と見ていたが、これだけ条件が揃えばハンデ戦なら警戒すべき。

痛恨の抜け。

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

22/9/11 京成杯OH(G3・ハンデ)

中山 芝1600m(外)良

着順:5着(1.33.8・0.2差)

騎手:西村淳也(57キロ)

【レース前寸評】

トップハンデで逃げ粘れる力はまだないだろう。

【結果】

序盤から緩い逃げで夢を見るが、その夢は最初の2ハロンで消滅。

ミッキーブリランテにハナを奪われ道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線も坂下あたりまではなんとか3番手で粘っていたが、坂の上りで2頭に交わされて5着まで。

ハナは奪われたが、この緩い流れなら前で残らないとダメ。

やはりまだ、トップハンデで抗うだけの力はない。

2022年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧

22/11/13 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:9着(2.01.1・0.9差)

騎手:西村淳也(57キロ)

【レース前寸評】

福島の2000mは(1-1-1-0)と好相性。

マイペースの逃げが叶え好勝負可能だが、他に逃げたい馬が数頭。

ハナを競れば、最後にトップハンデの57キロが効いてくる。

【結果】

道中は先頭集団の3番手。

4角も3番手で直線に向くが、残り200mから伸びを欠く。

序盤に競ってハナを取れなかったのが痛かっただろう。

最後はハンデが堪えたかたち。

2022年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧