2021年9月11日【紫苑S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スルーセブンシーズの好走パターンを分析。

スルーセブンシーズの距離適性

スルーセブンシーズはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(1-1-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離は安定。

2400mは少し長かったような印象。

スルーセブンシーズの脚質

中団あたりから、タフな流れの中、押し切ってくる競馬。

終いのキレは、現状ではキレッキレと言うよりは内回り、小回り向きのキレ味。

今後の課題は、速い上り時計、キレ味勝負にどれだけ対応してくるか?

スルーセブンシーズのコース適正

スルーセブンシーズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(2-1-1-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

まだ関東圏だけ。

スルーセブンシーズの持ち時計(ベストタイム)

スルーセブンシーズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.52.5 1着(中山)
  • 芝2000m:1.58.5 2着(中山)

スルーセブンシーズの重馬場適正

スルーセブンシーズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は得意そう。


スルーセブンシーズの鉄砲実績(休み明け)

スルーセブンシーズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

スルーセブンシーズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

スルーセブンシーズの枠順適正

スルーセブンシーズの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-1)
  • 5~9番(未)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

スルーセブンシーズの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)

スルーセブンシーズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

スルーセブンシーズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 426~446キロ

スルーセブンシーズの血統背景

父はドリームジャーニー(サンデー系ステイゴールド/朝日杯FS,宝塚記念、有馬記念)。

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

半姉にパッシングスルー(父はルーラーシップ/紫苑S)。

スルーセブンシーズの近走

21/5/23 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:9着(2.25.2・0.7差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

道中は中団の後ろ、12~13番手の内。

4角も12番手の内で直線に向くが、直線はバテず伸びずの9着どまり。

あの位置取りから終いの脚で追い上げるというタイプでもないだろう。

前走から引き続いて馬体を減らしていたのも気になった。

2021年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

21/9/11 紫苑S(G3)

中山 芝2000m 良

着順:2着(1.58.5・0.3差)

騎手:大野拓弥(54キロ)

道中は中団の内、9番手を追走。

4角は10番手の内で直線に向き、直線ではなかなか前が開かなかったが、進路ができるとそこから猛追。

ファインルージュには迫れなかったものの、しっかり2着は確保した。

中山巧者っぽい一面はあるが、一瞬のキレには見るところがあった。

追い出しがスムーズなら、ファインルージュとの差も際どかったかもしれない。

2021年 紫苑S(G3)のラップ分析&回顧

次走、秋華賞(G1)に向けて

次走は10月17日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「秋華賞(G1)」。

前走も不利がなければもう少し際どかっただろう。

ファインルージュとの間に人気の差が大きく生じるのなら面白い一頭。

 

⇒その他、2021・秋華賞(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)