エエヤンのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

エエヤンの前走

23/4/8 ニュージーランドT(G2)

中山 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.33.7・-0.2差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

道中は3番手の外目を追走。

4角も3番手で直線に向き、直線は馬場の3~4分どころから追い上げに入り、坂の上りで先頭に立つと、そのまま後続を振り切ってゴール。

タフな流れを前々につけて押し切っているあたり、かなり力がある感じ。

2着馬に1馬身1/4離しているが、最後はメイチで追っていないだけに、まだまだ余裕もある感じ。

中山コースで3連勝。

「新馬戦」、「未勝利戦」と、東京コースではいいところがなかったが、本番ではどうか?

2023年 ニュージーランドT(G2)のラップ分析&回顧

23/5/7 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 稍重

着順:9着(1.34.5・0.7差)

騎手:戸崎圭太(57キロ)

道中は中団9番手の内を追走。

4角は7番手の内で直線に向き、直線は馬場の最内から追い上げを計るが、外から寄られるなどスムーズさを欠いた。

道中かかり気味だったということで前目のポジションは取れなかったが、道中内目で、直線も内。

直線スムーズだったとしても、外差し勢に対抗できる脚は残っていなかっただろう。

2023年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

23/10/8 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:8着(1.45.9・0.6差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

道中は好位の4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は坂の上りあたりまでは先頭を窺う感じで伸びてはいたが、残り200mで失速。

上りが速すぎたのも良くなかったが、千八は1F長いのかも。

2023年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

23/11/19 マイルCS(G1)

京都 芝1600m(外)良

着順:10着(1.33.7・1.2差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

道中は中団の前目、6番手あたり。

4角は5番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げに入りるが、残り200mを切って失速して行った。

この流れ、この上りでまったく残れないのなら、現状では上りがかかって食い込んでくる底力タイプということだろう。

2023年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

23/12/23 阪神C(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:14着(1.20.1・0.8差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

道中は先団3番手。

4角も先団3番手から直線に向き、直線は坂下までは先団をキープしていたが、坂の上りで失速。

次の中山コース出走時に走らなければ、そこまでか?

2023年 阪神カップ(G2)のラップ分析&回顧


エエヤンの脚質

先行脚質。

現状では上りがかかって食い込んでくる底力タイプ。


エエヤンの血統背景

父はシルバーステート(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はティンバーカントリー(ミスプロ系)。

ティンバーカントリーは米国で走り、ダートG1を3勝。主戦場はダートの短距離~中距離。