2022年11月27日【ジャパンカップ】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、テーオーロイヤルの好走パターンを分析。

テーオーロイヤルの距離適性

テーオーロイヤルはこれまでに芝1600m~芝3400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(3-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-1-0)
  • 芝3400m(1-0-0-0)

距離は2400m前後からそれ以上。

テーオーロイヤルの脚質

逃げ、先行押し切り、中団からの差し脚。

3歳の春時点では、まだ身体も緩く、取りこぼしも多かったが、ひと夏越してかなりの成長。

3歳春の「青葉賞」でも、外々を回して長く脚を使って0.1差の4着と、頭角は現してはいた。

近走を見ても、瞬発力、SP持続力、スタミナ、どの能力もしっかりと持ち合わせていそうな走り。

しかしストロングポイントはSP持続力、スタミナ寄りのような印象。

テーオーロイヤルのコース適正

テーオーロイヤルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-0-3)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(3-0-2-1)
  • 小倉(未)

「ダイヤモンドS」での勝利はあるが、関東圏のレースでは注意が必要か?

テーオーロイヤルの持ち時計(ベストタイム)

テーオーロイヤルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.3 9着(1.2差・中京)
  • 芝2000m:2.03.1 4着(1.1差・阪神)
  • 芝2200m:2.12.5 1着(-0.2差・中京)
  • 芝2400m:2.24.9 1着(-0.4差・阪神)
  • 芝2500m:2.31.3 6着(0.2差・東京)
  • 芝3200m:3.17.4・3着(1.2差・阪神)
  • 芝3400m:3.30.1 1着(-0.4差・東京)

長目の距離なら、速い時計にもそこそこ対応してきそう。

テーオーロイヤルの重馬場適正

テーオーロイヤルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数。


テーオーロイヤルの鉄砲実績(休み明け)

テーオーロイヤルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

テーオーロイヤルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

テーオーロイヤルの枠順適正

テーオーロイヤルの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-1-3)
  • 10~14番(2-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-1-0)

テーオーロイヤルの斤量別着度数

  • 54キロ(3-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-0-0-5)
  • 57キロ(0-0-0-1)
  • 57.5キロ(0-0-0-1)
  • 58キロ(0-0-1-0)

テーオーロイヤルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-3)

テーオーロイヤルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~460キロ

テーオーロイヤルの血統背景

父はリオンディーズ(ミスプロ系キングマンボ/朝日杯FS、弥生賞2着)。

母の父はマンハッタンカフェ(サンデー系/菊花賞、有馬記念、春天)。

テーオーロイヤルの近走

22/2/19 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:1着(3.30.1・-0.4差)

騎手:菱田裕二(54キロ)

道中は3~4番手追走。

3角手前で動いて行き、4角ではアンティシペイトに並びかけ、坂の上りで逃げ粘るグレンガリーを交わして、あとはそのまま押し切って、ゴール前は後ろを確かめる余裕のゴール。

先行勢で上位に入ったのはこの馬一頭、しかも勝ち切った。

道中は緩いラップで追走していたとはいえ、3角手前から長く良い脚を使って、自身の上りも34.8秒なら上々。

走破時計も過去15年を遡っても二番目に速い。

一連の流れを見ても、なかなかの心肺能力を持った馬だと推測する。

2022年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

22/5/1 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m(外⇒内)稍重

着順:3着(3.17.4・1.2差)

騎手:菱田裕二(58キロ)

【レース前寸評】

新興勢力の中ではそこそこ力はありそうな馬。

始めて背負う58キロの斤量がどうか?

【結果】

道中は4番手から、3角手前からの速い仕掛け。

タイトルホルダーに食らいついて行き、4角2番手で直線に向くが、残り400mで一杯かげん。

それでも3着はしっかり確保。

長距離の適正があることは確か。

今後の成長に期待したい。

2022年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

22/9/25 オールカマー(G2)

中山 芝2200m(外)良

着順:5着(2.13.5・0.8差)

騎手:菱田裕二(56キロ)

【レース前寸評】

力はある馬。

そこそこのメンバーが揃った今回、長距離だけではないところを示せるか。

【結果】

道中は先団3番手の外目を追走。

4角は3番手の外を回して直線に向き、直線も馬群の外目を追い上げて来るが、坂の上りでいま一つ伸びきれず。

この馬も外を回して届かなかったうちの一頭。

力負けではないと思うが。

2022年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

22/11/6 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:6着(2.31.3・0.2差)

騎手:菱田裕二(57.5キロ)

【レース前寸評】

この距離なら実力上位。

【結果】

道中は先団4~5番手の最内を追走。

4角も4番手の内目で直線に向くが、キングオブドラゴンのアクシデントで内から寄られる不利。

しかし立て直して、馬場の内目から追い上げに入り、残り200mからは横一線でブレークアップを追うが、ゴール前では伸びを欠いて6着どまり。

不利の影響もあるにはあったが、最後はトップハンデの57.5キロが効いていた感じ。

2022年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

22/11/27 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 良

着順:14着(2.25.3・1.6差)

騎手:菱田裕二(57キロ)

【レース前寸評】

ここ2戦はちょっと消化不良的な内容だが、引き続き積極的な競馬ができれば、G1のここでも面白い存在。

【結果】

道中は先団3番手の外目を追走。

4角も3番手で直線に向くが、直線では精彩を欠く。

このスローの流れなら、前々でもう少し粘れていてもいいはずだが・・・。

ジョッキーのコメントでは、4角ですでに手応えが怪しかったとのこと。

中2週で長距離輸送2度が堪えていたのか?

2022年 ジャパンカップ(G1)のラップ分析&回顧