プレサージュリフトのキャリアはまだ浅いので、ここまでの走りを振り返る。

プレサージュリフトの前走

21/10/24 2歳新馬

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.36.7・-0.5差)

騎手:大野拓弥(54キロ)

大外16番枠から出遅れてしまい、道中は後方13番手の外。

4角は後方11番手の外で直線。

直線は馬群の外目から抜群の手応えで坂を上り、残り200mで逃げ粘るローシュタインを射程圏に捉えると、並ぶ間もなくこれを交わし去って、あとは余裕の3馬身差のゴール。

他の馬が34秒台後半の脚を出すのが精一杯の中、この馬の上りは33.3秒。

ちょっと次元の違う末脚。

【期待される能力】

  • 瞬発力

22/2/12 クイーンS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.34.1・-0.1差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

スタート出遅れて道中は後方、13番手の外。

4角は11番手の大外で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げてきて、ゴール前、内で粘るスターズオンアースをクビ差差し切ってゴール。

上りの脚はメンバー2位の33.5秒。

外差し馬場の恩恵もあったが、「新馬戦」で見せた脚は本物だった。

瞬発力比べでは強いところを示した。

2022年 クイーンカップ(G3)のラップ分析&回顧

22/4/10 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:11着(1.33.4・0.5差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

出遅れて最後方からの競馬。

4角も最後方から大外を回して末脚に賭けるが、0.5差の11着まで。

レースの上り34.1秒の展開では、あの位置取りからでは勝負にならない。

2022年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧


プレサージュリフトの脚質

道中控えて、終いを生かす競馬。

しかしキャリア3戦はすべて出遅れからの、4角大外を回す競馬。

勝つ時もあれば大敗もある。

嵌れば強いが凡走とは常に背中合わせ。


プレサージュリフトの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母は中央競馬の芝1200mで活躍したシュプリームギフト(函館スプリントS2着、京阪杯3着、キーンランドC3着)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

半姉にオールアットワンス(アイビスサマーD)。

母方の5代前、カンブリエンヌ(Cambrienne)を祖とする牝系は、多くの重賞ウイナーを輩出する英国の名門牝系。

日本で活躍した近親には、シンコウキング(高松宮記念)、スズカフェニックス(高松宮記念)など。

次走、優駿牝馬(オークス)(G1)に向けて

次走は5月22日(日)、東京競馬場 芝2400m で行われる「優駿牝馬(オークス)(G1)」。

この馬の末脚が、ここで嵌るような気はしない。

距離もちょっと怪しい。

 

⇒その他、優駿牝馬(オークス・G1)の出走馬を分析