マテンロウレオのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

マテンロウレオのここまでの走り

21/10/30 2歳新馬

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.02.8・-0.1差)

騎手:横山典弘(55キロ)

1枠1番から道中は中団の内。

4角も7番手の内で直線に向くと、直線は内ラチ沿いから追い上げにかかるが、前がなかなか開かない。

結局坂の上りでは狭い間をこじ開けるように抜け出してゴール。

少し追い出しを待たされたが、坂の上りで一気に差し切った。

終始経済コースのインを通ったアドバンテージはあったが、なかなかの内容。

21/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:6着(2.01.1・0.5差)

騎手:横山典弘(55キロ)

道中は中団のやや後ろ、10番手の外。

4角は9番手の外を回して直線。

直線は馬群の外目から良い脚で追い上げてはくるが0.5差の6着まで。

当日は内が伸びる馬場状態で、どちらかと言えば前有利。

中団の後ろから外を回して追い上げた末脚には一定の評価はできる。

2021年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

22/2/6 きさらぎ賞(G3)

中京 芝2000m 稍重

着順:1着(2.00.5・ハナ差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団のやや後ろ、7~8番手の内。

4角も7番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入り、坂の頂上残り200mからはダンテスヴューと馬体を併せての叩き合い。

競り合いはゴール前まで続いたが、わずかにハナ差抜け出したマテンロウレオが勝利。

確実な末脚と、底力のあるところも示した。

2022年 きさらぎ賞(G3)のラップ分析&回顧

22/3/6 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:10着(2.01.4・0.9差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団5番手の内。

しかし折り合いを欠いたのか、ジョッキーの手綱はかなり抑え気味。

そのためか、3角手前でペースが上がったときには反応できずに、4角は後方9番手の内で直線。

直線は馬場の内目から追い上げに入るが、伸びはなく10着に終わる。

折り合いを欠いて残念な結果になったが、この馬自身はもう少し消耗戦寄りの展開の方が合っているのかも。

2022年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

22/4/17 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 良

着順:12着(2.00.5・0.8差)

騎手:横山典弘(57キロ)

外枠17番から道中は最後方を追走。

4角も最後方から直線は馬群の外に進路を取って追い上げるが、あの位置取りからでは無理がある。

前走を踏まえて、折り合い重視の騎乗だったのだろうが、あの位置取りからではどうにもならない。

上りはメンバー2位の33.9秒だが、あの位置からだと驚きはない。

2022年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧


マテンロウレオの脚質

中団あたりに控えて、終いを伸ばしてくる競馬。

終いの脚は特別切れるということではなさそうなので、ポジションはあまり後ろ寄りにはなりたくない。

切れ味勝負よりも、締まった流れで上りのかかる展開、底力を生かす競馬が向いていそう。


マテンロウレオの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着、宝塚記念2着)。

母の父はブライアンズタイム(ロベルト系)。

ブライアンズタイムは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。引退後は日本で種牡馬入りし、多くのG1ウイナーを輩出した大種牡馬。

母方5代前、Sovereign Lady(ソヴリンレイディ)を祖とする牝系は、多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

近親にはビリーヴ(スプリンターズS、高松宮記念)、サウンドキアラ(京都金杯、京都牝馬S、阪神牝馬S)など。

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「東京優駿(日本ダービー・G1)」。

現状では一変は期待しにくい。

この馬向きの極端な展開になって食い込んで来る程度か。

 

⇒その他、日本ダービー(G1)の出走馬を分析