2021年6月27日【宝塚記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アリストテレスの好走パターンを分析。

アリストテレスの距離適性

アリストテレスはこれまでに芝1600m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-2-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-1)
  • 芝2200m(2-1-0-1)
  • 芝3000m(0-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

中距離と長距離、本当に良いのは長距離だと思うが・・・。

アリストテレスの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬、SP持続型。

控えてもそこそこの末脚で追い込んで来るが、一瞬のキレと言うより長く良い脚。

キレッキレの瞬発力勝負ではやや劣るので、キレ味勝負、上りの速い結着はイマイチ。

というか、上りの時計はそこそこかかってくれた方が戦いやすそう。

引っかかることも多いので、あまり緩い流れは好ましくない。

アリストテレスのコース適正

アリストテレスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-2-0-0)
  • 阪神(0-3-0-3)

アリストテレスの持ち時計(ベストタイム)

アリストテレスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.7 1着(京都)
  • 芝1800m:1.48.0 2着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(中京)
  • 芝3000m:3.05.5 2着(京都)
  • 芝3200m:3.15.2 4着(阪神)

突出した時計はまだない。

アリストテレスの重馬場適正

アリストテレスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

重馬場の敗戦は2021年の「阪神大賞典」。これは道中引っかかっていたことが敗因で、道悪自体は問題ないと思う。


アリストテレスの鉄砲実績(休み明け)

アリストテレスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(0-2-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

アリストテレスの枠順適正

アリストテレスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-1)
  • 5~9番(3-2-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-1-0-0)

アリストテレスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-2-0-0)

アリストテレスの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(0-2-0-2)
  • 57キロ(0-1-0-0)
  • 58キロ(0-0-0-2)

アリストテレスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~478キロ

アリストテレスの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「ジャパンカップ」を勝ったエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

近親にはリンカーン(日経賞、京都大賞典、阪神大賞典)、アンライバルド(皐月賞、スプリングS)、フサイチコンコルド(ダービー)、ヴィクトリー(皐月賞)など。

アリストテレスの近走

20/9/20 小牧特別(2勝クラス)

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.11.9・0.1差/2番人気)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

1枠1番から、道中の前半は2~3番手。

向正面の残り1000mあたりで動いて行ってハナに立ち4角も先頭で直線に向く。

直線は馬場の真ん中、食らいついてくるフライライクバードとの激しい追い比べを、残り100mで抜き出てゴール。

ペースとしては、中盤少し緩んだものの、序盤や後半にかけてはまずまずのラップ。

走破時計もこのクラスとしては優秀。

後半1000mを残して先頭に立ち、直線もフライライクバードとの追い比べを制するなど、スタミナ、底力の片りんをうかがわせた。

20/10/25 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:2着(3.05.5・クビ差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中は中団の前目でコントレイルをぴったりとマーク。

直線での追い比べに持ち込んだが、クビ差届かずの2着。

切れ味勝負ではディープ産駒に軍配。

もう少しペースが上がっていれば、逆転も十分にあったかも。

2020年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:1着(2.17.9・-0.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団の前目。

3~4角では外を回して、4角は4番手の外で直線。

直線では馬群の外目、馬場の真ん中からグイグイと伸びてきて、追いすがるヴェルトライゼンデに半馬身つけてのゴール。

完璧な勝ち方。

ゴール前は先頭に立っても気を抜くところはなかった。

圧倒的なスタミナとパワー。

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

21/3/21 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)重

着順:7着(3.09.5・2.2差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は中団。

4角も中団6番手で直線に向き、直線も坂下まではそこそこの脚で追い上げて行ったが、坂の上りで急失速。

3~4角あたりでムチが入るなど、今回は反応もあまり良くなかった感じ。

前走は不良馬場でも快勝しているだけに、馬場が原因とも考え難い。

前走の不良馬場での激戦の反動が出ているのか?

ちょっと不可解な敗戦。

(※後記:道中で折り合いを欠いたことが敗因につながっている可能性が高いと見る)

2021年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/5/2 天皇賞(春・G1)

阪神 芝3200m(外⇒内)良

着順:4着(3.15.2・0.5差)

騎手:ルメール(58キロ)

道中は中団の前。

終始ワールドプレミアにマークされ、4角は4番手、ワールドプレミアと馬体を併せて直線に向くが、坂下では早くも脱落。

「菊花賞」ではコントレイルの2着には来たが、この馬の場合、「長距離砲」と言う位置づけは間違っているのかもしれない。

2021年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

21/6/27 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:9着(2.12.4・1.5差)

騎手:武豊(58キロ)

道中は中団6~7番手あたり。

3角過ぎにペースアップしたときの反応が悪く、4角は8番手で直線。

直線は馬群の内目から追い上げを計るが、伸びを欠いて9着。

道中はスロー基調の宝塚記念となった。

アリストテレス向きの展開ではなかったが、それにしても敗けすぎ。

2021年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

次走、京都大賞典(G2)に向けて

次走は10月10日(日)、阪神競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

開幕週の阪神。緩い流れになると、また直線で置き去りにされる可能性もなくはない。

いずれにしてもあまりアテにはならないが、デムーロ騎手の奇策には注意。

 

⇒その他、2021・京都大賞典(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)