2020年9月20日【小牧特別】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アリストテレスの好走パターンを分析。

アリストテレスの距離適性

アリストテレスはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-2-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-1)
  • 芝2200m(1-1-0-0)

現状では2000m前後、その先の距離はまだ未知数だが、「小牧特別」の走りを見る限り、スタミナはありそう。

アリストテレスの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬や、後方から長く良い脚を使って追い込んでくる競馬。

SP持続力型。

一方、キレる脚はないので、瞬発力勝負になると出番はない。

底らしい底を見せたのは、ドスローの瞬発力勝負となった「プリンシパルS」のみ。

アリストテレスのコース適正

アリストテレスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-0-0)
  • 阪神(0-3-0-0)

アリストテレスの持ち時計(ベストタイム)

アリストテレスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.7 1着(京都)
  • 芝1800m:1.48.0 2着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(中京)

2200mの時計は、2勝クラスとしては速い。

アリストテレスの重馬場適正

アリストテレスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだデータは少ないが、エピファネイア産駒だけに期待は持てる。

アリストテレスの鉄砲実績(休み明け)

アリストテレスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アリストテレスの枠順適正

アリストテレスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-0)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-1-0-0)

アリストテレスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-0)

アリストテレスの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(0-2-0-1)

アリストテレスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~468キロ

アリストテレスの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「ジャパンカップ」を勝ったエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はディープインパクト(サンデー系)。

アリストテレスの前走

20/9/20 小牧特別(2勝クラス)

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.11.9・0.1差/2番人気)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

1枠1番から、道中の前半は2~3番手。

向正面の残り1000mあたりで動いて行ってハナに立ち4角も先頭で直線に向く。

直線は馬場の真ん中、食らいついてくるフライライクバードとの激しい追い比べを、残り100mで抜き出てゴール。

ペースとしては、中盤少し緩んだものの、序盤や後半にかけてはまずまずのラップ。

走破時計もこのクラスとしては優秀。

後半1000mを残して先頭に立ち、直線もフライライクバードとの追い比べを制するなど、スタミナ、底力の片りんをうかがわせた。

アリストテレスの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

春のクラシックへの出走は逃したが、ここに来て成長している感じ。

スタミナもありそうで、侮れない。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析