2020年9月26日【九十九里特別】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ダノングロワールの好走パターンを分析。

ダノングロワールの距離適性

ダノングロワールはこれまでに芝2000m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2300m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(2-0-0-0)
  • 芝2500m(1-0-0-0)

長いところが良さそうな雰囲気。

ダノングロワールの脚質

前々で押し切る競馬。

瞬発力というよりSP持続力。

ダノングロワールのコース適正

ダノングロワールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-0-1-1)
  • 中山(1-0-0-1)

まだ関東圏のレースだけ。

ダノングロワールの持ち時計(ベストタイム)

ダノングロワールの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.02.4 4着(中山)
  • 芝2300m:2.21.6 3着(東京)
  • 芝2400m:2.26.5 1着(東京)
  • 芝2500m:2.35.0 1着(中山)

ダノングロワールの重馬場適正

ダノングロワールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ダノングロワールの鉄砲実績(休み明け)

ダノングロワールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダノングロワールの枠順適正

ダノングロワールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-1-1)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

ダノングロワールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

ダノングロワールの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(1-0-1-0)

ダノングロワールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~488キロ

ダノングロワールの血統背景

父は2005年の「有馬記念」をディープインパクトを破って勝利したハーツクライ(サンデー系)。

母のソーメニーウェイズは米国で走り、G1を1勝。主戦場はダートの短距離。

母の父はサイトシーイング(ナスルーラ系エーピーインディ)。

米国で走り、ダートのマイル、中距離で活躍。

ダノングロワールの近走

20/9/26 九十九里特別(2勝クラス)

中山 芝2500m 稍重

着順:1着(2.35.0・クビ差/2番人気)

騎手:三浦皇成(54キロ)

スタートでちょっと出遅れて、いつものように先手は取れなかった。

道中は中団からの追走。

ペースは逃げたカンバラが飛ばしてハイラップを刻んだ。

3~4角から促して進出を開始、4角6番手で直線に向くと、先に抜け出していたダノングロワールをゴール前クビ差交わしてゴール。

前傾ラップの消耗戦になったが、出遅れて控えたことが奏功した格好。

前々で押し切る姿も見て見たかったが・・・。

ダノングロワールの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

長い距離は合ってそうだが、ちょっとまだ未知数な面が多くて、手は出しづらい。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)