2020年6月21日【米子S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、モズダディーの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モズダディーの距離適性

モズダディーはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-1-1-4)
  • 芝1800m(0-3-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-0)

ベストは1600m。

1800mは微妙に長そう。

モズダディーの脚質

「逃げ」「先行」脚質。

テンのスピードは速いので、しっかりと先手は取れる。

そこそこ速いスピードを持続する能力にも長けているが、キレはないので、スローより締まったペースで浮上。

あと、もたれる癖があるので、コース、枠順には敏感。

モズダディーのコース適正

モズダディーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-2-0-1)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(1-2-1-1)
  • 小倉(0-0-1-0)

右回りもこなしはするが、持ち味が生かせるのは左回り。

モズダディーの持ち時計(ベストタイム)

モズダディーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.0 2着(東京)
  • 芝1800m:1.45.2 8着(東京)
  • 芝2000m:2.01.1 3着(小倉)

左回りの1600mなら、そこそこ速い時計にも対応できそう。

モズダディーの重馬場適正

モズダディーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ダートも走る馬なので、道悪はさほど気にしないはず。

モズダディーの鉄砲実績(休み明け)

モズダディーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(0-1-0-0)

モズダディーの枠順適正

モズダディーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-2-2)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(0-1-0-1)

内枠が欲しいのは絶対だが、右回りは特に内目の枠が欲しい。

モズダディーの季節別着度数

※ダートを含む

  • 12~2月(冬):(2-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-2-1-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(3-2-1-0)

モズダディーの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-2)
  • 55キロ(0-1-0-0)
  • 56キロ(0-1-1-3)
  • 57キロ(3-2-1-0)

モズダディーの好走体重

3着以内に入った馬体重は;

  • 484~498キロ

モズダディーの血統背景

父はスキャットダディ(ND系ストームキャット)。

米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの短距離から中距離。

2019年の「高松宮記念」を勝ったミスターメロディはスキャットダディ産駒。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)。

カナダ、米国で走りダートG1を1勝。主戦場はダートの短距離から中距離。

モズダディーの次走

次走は10月24日、東京競馬場、芝1600mで行われる「富士ステークス(G2)」。

相性の良い東京の芝1600m。

内枠ならそこそこやれていい。

 

その他、富士Sの出走馬を分析