2021年11月14日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ソフトフルートの好走パターンを分析。

ソフトフルートの距離適性

ソフトフルートはこれまでに芝1800m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(3-0-2-4)
  • 芝2200m(1-1-0-2)
  • 芝2400m(0-0-1-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

まだ良く分からないが、中距離から、もう少し伸びても大丈夫そう。

ソフトフルートの脚質

先行策も取れるが、主な勝ち鞍は、中団で脚を溜めて、直線差し切る競馬。

しかし、特別切れる脚があるわけではないので、好走が期待できるのは、上りがあまり速くなりすぎない展開。

ソフトフルートのコース適正

ソフトフルートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(3-0-0-0)
  • 京都(1-0-1-1)
  • 阪神(0-0-1-5)
  • 小倉(0-0-0-1)

中京が得意そう。

直線に急坂があるコースで連対しているのは中京コースのみ。

左右回りで見てみると;

  • 右回り(1-0-2-8)
  • 左回り(3-1-1-1)

左回りの方が戦いやすいと見ていいと思う。

ソフトフルートの持ち時計(ベストタイム)

ソフトフルートの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.6 4着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.0 5着(阪神)
  • 芝2200m:2.10.9 6着(阪神)
  • 芝2400m:2.26.5 3着(東京)
  • 芝2500m:2.38.1 5着(中山)

速い時計は向いてそうではない。

ソフトフルートの重馬場適正

ソフトフルートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-2-1)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(未)

重馬場まで傷むと厳しそうだが、稍重程度なら、時計がかかってくれるだけやりやすいのではないか。


ソフトフルートの鉄砲実績(休み明け)

ソフトフルートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-1)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ソフトフルートの枠順適正

ソフトフルートの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-1-5)
  • 5~9番(2-0-1-2)
  • 10~14番(2-0-1-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ソフトフルートの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-2)
  • 3~5月(春):(2-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-4)

ソフトフルートの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-1-0)
  • 52キロ(2-0-0-0)
  • 54キロ(1-1-1-7)
  • 55キロ(1-0-1-1)
  • 56キロ(0-0-0-1)

ソフトフルートの連対体重

  • 466~488キロ

ソフトフルートの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母の父はキングマンボ(ミスプロ系キングマンボ)。

キングマンボは言わずと知れたキングカメハメハ、エルコンドルパサーの父。

ソフトフルートの近走

21/6/20 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:8着(2.01.2・0.8差)

騎手:横山和生(54キロ)

道中は先団3~4番手。

4角は2番手で直線に向くが、坂の上りで脚色が悪くなった。

これくらいの馬場なら苦にしないはずだが、やはり右回り、阪神コースとの相性あたりが敗因か?

2021年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

21/10/24 新潟牝馬S

新潟 芝2200m(内)稍重

着順:2着(2.15.5・0.2差)

騎手:岩田望来(54キロ)

小頭数7頭立ての競馬。

道中は後方6番手。

4角は6番手の外で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げて来るが、先に抜け出したマリアエレーナとの差は最後まで詰まらず。

勝ったマリアエレーナは3歳牝馬で斤量差は3キロ。

時計的にも内容的にも、あまり見どころのないレース。

21/11/14 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:4着(2.12.5・クビ差)

騎手:岩田望来(56キロ)

道中は後方15番手で脚を溜めて、4角は12番手だが外へは回さず、馬群の中ほどから直線に向く。

直線では勝ったアカイイトの直後にいたため、馬群の中でも進路は開けた。

アカイイトを追うようにスルスルと伸びてきて、ゴール前大混戦の2着争いでクビ-クビ差の4着。

展開と4角で外を回さなかったコース取りがはまった感じはある。

2021年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月15日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3)」。

中京コースは好きそうなので、手ごろなハンデなら上位争いも可能。

 

⇒その他、2022・愛知杯(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)