2022年9月11日【京成杯OH】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ミスニューヨークの好走パターンを分析。

ミスニューヨークの距離適性

ミスニューヨークはこれまでに芝1400m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(1-0-0-3)
  • 芝1800m(4-1-3-4)
  • 芝2000m(0-0-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

適距離は1800mまで。

2000mは少し長そう。

ミスニューヨークの脚質

前目にポジションを取ってからの粘り込み、中団で脚を溜めて終いを生かす競馬。

以前までの好走パターンはスローの前残りか、上りのかかる消耗戦だったが、最近の走りを見ると、SPの持続力もそこそこついてきた印象はある。

切れ味勝負では後手を踏むが、タフな展開になれば面白い存在になってきた。

走破時計が速くなりすぎなければ、小回りコースなら期待が持てる。

ミスニューヨークのコース適正

ミスニューヨークの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(3-0-1-2)
  • 京都(0-0-1-2)
  • 阪神(0-0-1-2)
  • 小倉(1-1-1-2)

小回り向き。

中山巧者。

ミスニューヨークの持ち時計(ベストタイム)

ミスニューヨークの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.5 3着(阪神)
  • 芝1600m:1.32.8 1着(中山)
  • 芝1800m:1.46.2 2着(小倉)
  • 芝2000m:2.01.5 5着(京都)
  • 芝2200m:2.11.2 10着(阪神)

おそらく高速決着には向かない。


ミスニューヨークの重馬場適正

ミスニューヨークの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-2)
  • 重(2-0-0-0)

道悪自体は苦にせず、上りがかかる消耗戦の競馬ではしぶとく食い込んでくる。

ミスニューヨークの鉄砲実績(休み明け)

ミスニューヨークの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(2-0-1-4)

ミスニューヨークの枠順適正

ミスニューヨークの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-1-2-2)
  • 5~9番(1-0-1-4)
  • 10~14番(0-0-1-3)
  • 15~18番(0-0-0-3)

外目の枠はあまりよくない。

ミスニューヨークの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-1)
  • 3~5月(春):(2-0-2-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-5)

ミスニューヨークの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(2-1-3-7)
  • 55キロ(1-0-1-2)

ミスニューヨークの連対体重

  • 448~462キロ

ミスニューヨークの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)。

キングズベストは欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の短距離~マイル戦。

2010年のダービー馬・エイシンフラッシュはキングズベストの産駒。

母の父は「菊花賞」「有馬記念」「天皇賞(春)」などG1を3勝したマンハッタンカフェ(サンデー系)。

ミスニューヨークの近走

21/12/18 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 稍重

着順:1着(1.32.8・-0.2差)

騎手:M・デムーロ(53キロ)

道中はほぼ最後方あたりを追走し、4角は14番手の大外を回して直線。

直線は馬群の大外から一気に追い込んで、12~13頭をまとめて交わしてゴールした。

レースの上りは36.0秒。

上りのかかる消耗戦では軽ハンデ馬は有利。

実力4、ハンデ3、展開3でもぎ取ったようなレース。

2021年 ターコイズS(G3)のラップ分析&回顧

22/3/12 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 良

着順:3着(1.46.9・0.1差9

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団の内、8番手あたりを追走。

4角は5番手の最内で直線に向くと、直線は馬場の内目をしっかりと伸びてはくるが3着まで。

上位勢の中では唯一この馬だけが最後の直線で内を通った馬。

外差し馬場にやられたと言っても過言ではない。

力のあるところはしっかりと示した。

2022年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/5/15 ヴィクトリアM(G1)

東京 芝1600m 良

着順:10着(1.32.9・0.7差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団のやや後ろ、11番手の外を追走。

4角も11番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から内目に進路を取って追い上げてはくるが、伸びず、バテずの10着まで。

あの位置どりから末脚を生かす馬ではないだろう。

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

22/7/24 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:4着(1.46.2・0.3差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

【レース前寸評】

小倉1800mとの相性は悪くはない。

時計が速くなりすぎなければ良い勝負になる。

【結果】

道中は中団の少し前、7番手の内。

4角は6番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い上げに入り、ゴール前は先に抜け出していたファルコニアに肉薄するが、最後は切れ負けした感じの4着。

この馬としては、道中もう少し流れた方が力は出せる。

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

22/9/11 京成杯OH(G3・ハンデ)

中山 芝1600m(外)良

着順:4着(1.33.7・0.1差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

【レース前寸評】

適距離適コース。

ここは走ってきそう。

【結果】

道中は中団6番手、ファルコニアの直後で好機をうかがう。

4角も6番手で直線に向き、ファルコニアの直後から追い上げてくるのだが、ゴール前で前が狭くなって進路が取れなかった。

スムーズなら3着はあったかも。

2022年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧