2020年10月18日【秋華賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ミスニューヨークの好走パターンを分析。

ミスニューヨークの距離適性

ミスニューヨークはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(3-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

適距離は1800m前後。

ミスニューヨークの脚質

前目にポジションを取ってからの粘り込み。

上りのかかる馬場で浮上。

スタミナはありそうだが、切れる脚は期待できない。

ミスニューヨークのコース適正

ミスニューヨークの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 京都(0-0-1-2)
  • 阪神(0-0-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

小回り向き。

ミスニューヨークの持ち時計(ベストタイム)

ミスニューヨークの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.5 3着(阪神)
  • 芝1600m:1.37.9 4着(京都)
  • 芝1800m:1.48.3 1着(福島)
  • 芝2000m:2.01.5 5着(京都)

おそらく速い時計には向かない。

ミスニューヨークの重馬場適正

ミスニューヨークの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)

上りのかかる道悪は食い込んでくる。

ミスニューヨークの鉄砲実績(休み明け)

ミスニューヨークの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ミスニューヨークの枠順適正

ミスニューヨークの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-0)
  • 5~9番(0-0-1-2)
  • 10~14番(0-0-1-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

切れる脚がないだけに、できるだけ前々に取り付きたい。

なので枠順も内が欲しい。

ミスニューヨークの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

ミスニューヨークの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-2-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)

ミスニューヨークの連対体重

  • 448~458キロ

ミスニューヨークの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)。

キングズベストは欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の短距離~マイル戦。

2010年のダービー馬・エイシンフラッシュはキングズベストの産駒。

母の父は「菊花賞」「有馬記念」「天皇賞(春)」G1を3勝したマンハッタンカフェ(サンデー系)。

ミスニューヨークの前走

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m 稍重

着順:5着(2.01.5・0.9差)

騎手:長岡禎仁(55キロ)

道中は中団の前。

しかし3~4角で前が詰まった感じで順位を下げ、4角は15番手で直線。

直線は馬群の中ほどを追い込んでくるが、上位4頭との脚色の違いは歴然。

しかし上位4頭以外、各馬バテバテの中、この馬はしっかりスピードを持続しつつ最後まで走り切った。

スタミナはある。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

ミスニューヨークの次走

次走は11月15日、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「エリザベス女王杯(G1)」。

持久戦になると浮上してきそうだが、力関係がこのクラスではまだ追いついていない印象。

 

その他、エリザベス女王杯の出走馬を分析