オニャンコポンのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

オニャンコポンのここまでの走り

21/9/11 2歳新馬

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.04.2・-0.3差)

騎手:菅原明良(54キロ)

7枠10番から道中は12番手追走。

かなり緩いペースの中、3~4角でペースアップ。

4角は先頭で直線に向くと、直線は坂の上りで突き抜けた。

新馬戦らしい緩い流れからの終い勝負。

時計は平凡。

平均的な勝ち上がり。

21/11/7 百日草特別(2歳1勝C)

東京 芝2000m 良

着順:1着(2.02.7・クビ差)

騎手:菅原明良(55キロ)

8頭立ての小頭数。

7枠7番から道中は2番手追走。

道中の緩い流れを経て、4角は先頭に半馬身差せまって直線。

直線は絶好の手応えで坂を迎え、坂の上りで先頭に立つと、外から追い上げて来たホウオウプレミアの強襲をクビ差凌いでゴール。

ここもまた緩い流れで時計も遅い。

2着馬にクビ差まで迫られたのでは評価できない。

21/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:11着(2.01.7・1.1差)

騎手:菅原明良(55キロ)

スタートややあおったが、大きな出負けにはならずに、道中は先団4番手を追走。

しかし、3~4角で、集団が離して逃げるグランドラインとの差を詰めようとペースアップしたときに、この馬はついて行けず、4角は6番手あたりに順位を落として直線。

直線は馬群の外目から追い出しに入るが、脚色鈍く、坂の下では一杯気味。

前2走とは、道中のペースがまったく違った。

このクラスのレベルには、まだ届いていないのかもしれない。

2021年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

22/1/16 京成杯(G3)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.01.3・-0.2差)

騎手:菅原明良(56キロ)

前半~中盤は中団のやや前、6番手の外あたりを追走。

しかし、3角手前で順位を下げて、中団の後ろ、10番手の外。

4角も中団の後ろ、10番手の外を回って直線。

直線は馬群の外目から追い上げに入り、坂の途中で先団の馬をまとめて交わしてゴール。

これまでとは違って、控える競馬で結果を出した。

前走を見ると、その方がいいのかもしれないが、いずれにしても本番の流れはこんなものではない。

前走の流れで結果を出せていないのは、やはり物足りない。

2022年 京成杯(G3)のラップ分析&回顧

22/4/17 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 良

着順:6着(2.00.1・0.4差)

騎手:菅原明良(57キロ)

道中は中団のやや後ろ、11番手の外。

3角も11番手の外から、4角に向けては外を回して進出開始。

4角は8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入り、良い脚を使って伸びてはくるが6着まで。

道中終始外々を回りながらも最後はそこそこの脚を使っている。

位置取りがもう少し前目なら掲示板はあったかも。

いずれにしてもこの馬、そこそこ走る。

2022年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧


オニャンコポンの脚質

先行押し切り、もしくは道中控えて終いを生かす競馬。

「ホープフルS」では先行策で大敗を喫し、「京成杯」では控える競馬で勝ち切った。

派手さはないが地味に走る。

展開さえ向けば、上のクラスでも上位に食い込んで来る力はありそう。


オニャンコポンの血統背景

父はエイシンフラッシュ(ミスプロ系キングマンボ/日本ダービー、秋天、春天2着、有馬記念2着)。

母の父はヴィクトワールピサ(サンデー系ネオユニヴァース/皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップ)。

近親にサトノインプレッサ(毎日杯)。

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「東京優駿(日本ダービー・G1)」。

前走を見る限り、2400mの距離はまったく問題なさそう。

展開さえ向けば、上位に食い込んで来る力はある。

 

⇒その他、日本ダービー(G1)の出走馬を分析