オニャンコポンのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

オニャンコポンのここまでの走り

21/9/11 2歳新馬

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.04.2・-0.3差)

騎手:菅原明良(54キロ)

7枠10番から道中は12番手追走。

かなり緩いペースの中、3~4角でペースアップ。

4角は先頭で直線に向くと、直線は坂の上りで突き抜けた。

新馬戦らしい緩い流れからの終い勝負。

時計は平凡。

平均的な勝ち上がり。

21/11/7 百日草特別(2歳1勝C)

東京 芝2000m 良

着順:1着(2.02.7・クビ差)

騎手:菅原明良(55キロ)

8頭立ての小頭数。

7枠7番から道中は2番手追走。

道中の緩い流れを経て、4角は先頭に半馬身差せまって直線。

直線は絶好の手応えで坂を迎え、坂の上りで先頭に立つと、外から追い上げて来たホウオウプレミアの強襲をクビ差凌いでゴール。

ここもまた緩い流れで時計も遅い。

2着馬にクビ差まで迫られたのでは評価できない。

21/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:11着(2.01.7・1.1差)

騎手:菅原明良(55キロ)

スタートややあおったが、大きな出負けにはならずに、道中は先団4番手を追走。

しかし、3~4角で、集団が離して逃げるグランドラインとの差を詰めようとペースアップしたときに、この馬はついて行けず、4角は6番手あたりに順位を落として直線。

直線は馬群の外目から追い出しに入るが、脚色鈍く、坂の下では一杯気味。

前2走とは、道中のペースがまったく違った。

このクラスのレベルには、まだ届いていないのかもしれない。

2021年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧


オニャンコポンの脚質

先行脚質。

スタートは速そうなので容易に良いポジションは取れそう。

道中の流れが速くならなければ、そのまま押し切ることも。


オニャンコポンの血統背景

父はエイシンフラッシュ(ミスプロ系キングマンボ/日本ダービー、秋天、春天2着、有馬記念2着)。

母の父はヴィクトワールピサ(サンデー系ネオユニヴァース/皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップ)。

近親にサトノインプレッサ(毎日杯)。

次走、京成杯(G3)に向けて

次走は1月16日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

前走では力の無さを露呈した格好。

相手関係のレベルは下がるが、あまり期待はできない。

 

⇒その他、2022・京成杯の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)