アスクワイルドモアのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

アスクワイルドモアのここまでの走り

21/7/11 2歳新馬

函館 芝1800m 稍重

着順:2着(1.52.6・0.9差)

騎手:武豊(54キロ)

道中は中団の外、6番手を追走。

3~4角で外目を回って進出し、4角は4番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げてくるが、逃げるエクラノーブルには5馬身離されて2着。

勝った馬が牝馬の減量騎手(51キロ)とはいえ、ちょっと離されすぎの2着。

21/7/24 2歳未勝利

函館 芝1800m 良

着順:2着(1.50.4・0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

1枠1番からスタートでアオって道中は中団のやや後ろ、8番手あたり。

4角も7番手で直線に向くと、直線は馬群の大外に進路を取って追い上げを計る。

良い脚で追い上げて逃げ粘るフィフティシェビーを追い詰めるが、半馬身届かずの2着。

終いの脚はメンバー最速の35.3秒。

脚を溜めるとそこそこ弾けた。

21/8/7 2歳未勝利

函館 芝1800m 良

着順:1着(1.50.0・-0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

1枠1番から道中は先団の内、4番手を追走。

道中はそこそこ速いペースを刻んで前半1000mが60.5秒。

アスクワイルドモアは4角も4番手で直線。

直線入口は狭い間をこじ開けて進出し、ゴール前はスパッと切れて半馬身差のゴール。

道中がそこそこ流れた分、上りは37.3秒を要した消耗戦。

最後は切れたように見えたが、他がバテただけかも。

21/9/4 札幌2歳S(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:2着(1.49.8・0.7差)

騎手:武豊(54キロ)

10頭立てで1頭除外の9頭立て。

道中は後方の7番手で脚を溜める。

道中は前走同様そこそこ流れて前半1000mは60.3秒。

アスクワイルドモアは4角も後方7番手で直線。

直線は先に大きく抜け出していたジオグリフを懸命に追うが、その差はさほど詰まらず、4馬身差の2着。

道中のペース、走破時計ともに前走なみ。


アスクワイルドモアの脚質

道中は控えて脚を溜めて、終いを生かす競馬。

ここまでが洋芝オンリーの末脚だけに、中央場所でどれだけの脚を出せるのかは未知数。

特徴としては、パワーと消耗戦向きのスタミナはありそう。


アスクワイルドモアの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー)。

母の父はゼンノロブロイ(サンデー系/秋古馬三冠、日本ダービー2着)。

近親にペルーサ(青葉賞、秋天2着)。

次走、ホープフルS(G1)に向けて

次走は12月28日(火)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

洋芝オンリーでここまできているだけに、未知な面が多い馬だが、前走で負けたジオグリフが「朝日杯FS」では0.5差の5着。

これが物差しになるかどうか?

 

⇒その他、2021・ホープフルS(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)