ジャスティンパレスのキャリアはまだ2戦だけなので、前走のみを振り返る。

ジャスティンパレスのここまでの走り

21/9/12 2歳新馬

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.02.3・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

5頭立ての小頭数。

道中は2番手追走。

4角は逃げるエニアグラムに並びかけて直線。

直線は早々に先頭に立ち、内から追い込んで来たアカデミーの追撃を楽々振り切って1馬身半差のゴール。

新馬戦なりの緩い流れだが、それでも新馬戦としては優秀の部類。

上りも34.3秒としっかりまとめて、上々の立ち上がりだろう。

21/11/14 黄菊賞(2歳1勝C)

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.03.3・-0.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

1枠1番から道中は2番手追走。

道中のペースは、新馬戦よりも緩い流れ。

前半1000m通過が64.0秒。

ジャスティンパレスは4角も先頭と1馬身差の2番手で直線に向くと、楽な手応えから追い出しに入り、坂下で逃げ粘るメイショウゲキリンを射程圏に収め、坂の上りで楽々抜き去るのかと思いきや、結構手間取った感じで、ゴール前でやっと捉えて3/4馬身差のゴール。

道中のペースは前走より緩くなったが、上がり時計はさほど違わない。

右ムチで外によれるなど、まだ身体自体が緩い感じ。


ジャスティンパレスの脚質

デビューから2戦とも先手は取れてはいるが、テンのペースも緩く、いずれも小頭数だけに、先行力という点でもまだなんとも言えない。

上りの脚も、現状ではまだ特別切れるというほどでもないので、今後の走りを見守るしかない。


ジャスティンパレスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はロイヤルアンセム(ND系ヌレイエフ)。

ロイヤルアンセムは欧州で走り、芝のG1を3勝。主要距離は芝の中距離~2400m。

半兄にアイアンバローズ(ステイヤーズS2着)。

次走、ホープフルS(G1)に向けて

次走は12月28日(火)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

ちょっとまだ、G1で勝ち負けするような雰囲気はないが、今回の面子は割とそんなのが多い印象。

 

⇒その他、2021・ホープフルS(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)