キラーアビリティのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

キラーアビリティのここまでの走り

21/6/27 2歳新馬

阪神 芝1800m(外)良

着順:5着(1.48.4・0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団から離れた中位の外の6~7番手あたりを追走。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、ジリジリとした脚で5着まで。

レースのレベルも特に高くはなく、平凡な敗戦。

21/8/28 2歳未勝利

小倉 芝2000m 良

着順:1着(1.59.5・-1.1差)※レコード

騎手:岩田望来(54キロ)

9頭立ての小頭数。

道中は大きな先頭集団の後ろ、7番手あたり。

3~4角で馬群の大外を回って進出を開始し、4角は大外7番手で直線。

直線は馬群の外目から追い上げにかかると、一気に伸びて残り200mを過ぎて先頭。

そしてそのまま突き抜けて、後続を7馬身ちぎる圧勝。

自身の上りは34.2秒

走破時計はこれまでの2歳レコードを0.7秒更新した。

道中の流れは平均的だったのだが、なにしろ上りが速かった。

再度、中央場所での末脚を見てみたい。

21/10/30 萩S(2歳・L)

阪神 芝1800m 良

着順:2着(1.48.5・クビ差)

騎手:岩田望来(55キロ)

6頭立ての小頭数。

道中は中位の4番手を追走。

ジョッキーの手綱は終始やや抑え気味。

3~4角で進出を開始して、4角は2番手で直線。

直線は残り200mあたりからムチ入れて追い出すと、坂の上りで一気に抜け出すかに思えたが、外から食い下がってきたダノンスコーピオンにゴール前クビ差交わされて2着。

道中はかなり緩い流れで、この馬自身も力んでいた。

鞍上のコメントでは、そのため進出が速くなり、勝ち馬に標的にされたとのこと。

上りの脚は勝ち馬に次ぐ33.6秒。

3着には5馬身離しているので、上の2頭が抜けていることは当然だが、前走のインパクトからは、やや見劣りする2着となった。


キラーアビリティの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを生かしてくる競馬だろう。

2戦目の勝ち方はインパクトがあったが、まだちょっと、その末脚がどれほどのものなのかは判断できない。


キラーアビリティの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母はキラーグレイシス

キラーグレイシスは米国の2歳G1「スターレットS(ダート8.5F・約1700m」に勝利。

母の父はコンガリー(ナスルーラ系レッドゴッド)。

コンガリーは米国で走り、ダートG1を5勝。主要距離はダートの7~10F(約1400~2000m)。

次走、ホープフルS(G1)に向けて

次走は12月28日(火)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

前走で負かされたダノンスコーピオンが「朝日杯FS」では0.2差の3着。

このあたりが物差しになるか?

 

⇒その他、2021・ホープフルS(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)