キラーアビリティのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

キラーアビリティのここまでの走り

21/6/27 2歳新馬

阪神 芝1800m(外)良

着順:5着(1.48.4・0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団から離れた中位の外の6~7番手あたりを追走。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、ジリジリとした脚で5着まで。

レースのレベルも特に高くはなく、平凡な敗戦。

21/8/28 2歳未勝利

小倉 芝2000m 良

着順:1着(1.59.5・-1.1差)※レコード

騎手:岩田望来(54キロ)

9頭立ての小頭数。

道中は大きな先頭集団の後ろ、7番手あたり。

3~4角で馬群の大外を回って進出を開始し、4角は大外7番手で直線。

直線は馬群の外目から追い上げにかかると、一気に伸びて残り200mを過ぎて先頭。

そしてそのまま突き抜けて、後続を7馬身ちぎる圧勝。

自身の上りは34.2秒

走破時計はこれまでの2歳レコードを0.7秒更新した。

再度、中央場所でその走りを見てみたい。

21/10/30 萩S(2歳・L)

阪神 芝1800m 良

着順:2着(1.48.5・クビ差)

騎手:岩田望来(55キロ)

6頭立ての小頭数。

道中は中位の4番手を追走。

ジョッキーの手綱は終始やや抑え気味。

3~4角で進出を開始して、4角は2番手で直線。

直線は残り200mあたりからムチ入れて追い出すと、坂の上りで一気に抜け出すかに思えたが、外から食い下がってきたダノンスコーピオンにゴール前クビ差交わされて2着。

道中はかなり緩い流れで、この馬自身も力んでいた。

鞍上のコメントでは、そのため進出が速くなり、勝ち馬に標的にされたとのこと。

上りの脚は勝ち馬に次ぐ33.6秒。

3着には5馬身離しているので、上の2頭が抜けていることは当然だが、前走のインパクトからは、やや見劣りする2着となった。

21/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.00.6・-0.2差)

騎手:横山武史(55キロ)

道中は3番手の内。離して逃げるグランドラインを深追いはせず、3番手の内でじっと脚を溜める。

3角を過ぎて先頭との差を徐々に縮め、4角では先頭との差を1馬身前後の射程圏に置いて直線。

直線では坂の上りで先頭を捉えると、あとは突き抜けて、ジャスティンパレスの追撃も問題なしの余裕のゴール。

好位抜け出しの完璧な内容。

この馬が強いのか? 相手が弱いのか?

まだちょっと、判断はつきかねる。

2021年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

22/4/17 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 良

着順:13着(2.00.6・0.9差)

騎手:横山武史(57キロ)

スタートで出遅れるが、内枠ということもあり大怪我にはならず。

道中は中団の最内8番手を追走。

4角も8番手の最内で直線。

直線も最内から追い上げに入り、坂の上りまでは先頭を射程圏に収めながらも、坂の上りで失速。

当日は内が伸びない馬場だっただけに、伸びあぐねたのも仕方はないが、ダノンベルーガのように、力があれば内からでもそこそこは伸びて来られる。

出遅れを敗因と見るには負け過ぎの感がある。

走破時計は奇しくも「ホープフルS」優勝時と同タイム。

成長の跡がうかがえない。

2022年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

22/5/29 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:6着(2.22.9・1.0差)

騎手:横山武史(57キロ)

道中は後方15番手。

4角は16番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げを計り、そこそこの脚で伸びてはくるが、1.0差の6着。

後方で脚を溜めた割にはいまいち伸びきれず。

6着と言っても、4着のダノンベルーガに3馬身半の差。

展開が後方の組に向いたことを考えると、あまり評価できる内容ではない。

2022年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

22/11/6 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:8着(2.31.6・0.5差)

騎手:C・デムーロ(55キロ)

【レース前寸評】

「ホープフルS」の勝利はあるが、いまいち強調材料に欠ける馬。

ましてや初距離の2500mとなれば、ちょっと危なっかしい。

【結果】

スタートは内にヨレて、内の馬と接触した感じ。

そんなこともあって、道中は後方13番手を追走。

4角も13番手の外目で直線に向いて、直線は馬群の外目から追い込んでは来るが、その脚に迫力はなかった。

ディープ産駒だが、基本的に切れる脚はないのだろう。

好走するには前目のポジションが欲しいところか?

2022年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧


キラーアビリティの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを生かしてくる競馬。

または、先行策で押し切ってくる競馬。

ディープ産駒ながら、終いの脚はあまり期待できないかも。

力を出すなら前々の競馬か?


キラーアビリティの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母はキラーグレイシス

キラーグレイシスは米国の2歳G1「スターレットS(ダート8.5F・約1700m」に勝利。

母の父はコンガリー(ナスルーラ系レッドゴッド)。

コンガリーは米国で走り、ダートG1を5勝。主要距離はダートの7~10F(約1400~2000m)。