2024年1月28日【シルクロードS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ルガルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ルガルの距離適性

ルガルはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-2-0-0)
  • 芝1400m(1-1-1-1)

短距離適性。

ルガルの脚質

先行押し切り。

スピード持続力、瞬発力。パワー。

SPの持続力は相当ありそう。

終いの脚もそこそこあるが、キレッキレというほどではない印象。

なので、前々で競馬をした方が成績は安定するだろう。

ただ、スタートがあまりうまくはないので、出遅れてしまうとポジションを下げさるを得ず、届かずの2、3着が多くなる。

ルガルのコース適正

ルガルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(2-3-0-1)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

極端な使われ方。

直線急坂に問題でもあるのか?

ただ、追い切りは坂路中心なので、たまたまこういう使われ方になっているだけなのかもしれない。

ルガルの持ち時計(ベストタイム)

ルガルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.2 2着(京都)
  • 芝1400m:1.20.1 4着(京都)

ルガルの重馬場適正

ルガルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は問題なさそう。

ルガルの鉄砲実績(休み明け)

ルガルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-2-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ルガルのローテーション適正

  • 連闘(1-0-0-0)
  • 中1~2週(0-1-0-0)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ルガルの枠順適正

ルガルの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(1-1-1-0)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

脚質的には内枠が欲しい。

ルガルの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(1-3-0-0)
  • 57.5キロ(1-0-0-0)

ルガルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 512~522キロ

ルガルの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

代表産駒はタイトルホルダースターズオンアースリバティアイランド

母の父はニューアプローチ(ND系ガリレオ)。

ニューアプローチは欧州で走り、芝のG1を5勝。距離は短距離~中距離。2400mでの勝利もあ(英ダービー)。

ルガルの前走

24/1/28 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m(内)良

着順:1着(1.07.7・-0.5差)

騎手:西村淳也(57.5キロ)

2枠4番から好発を決めたが、外からテイエムスパーダが主張してきたので、道中は2番手追走。

4角も2番手で、絶好の手応えで直線に向くと、直線入口では早くも先頭に立ち、そのまま突き抜けて3馬身差の圧勝。

明け4歳が57.5キロのハンデを背負っての圧勝劇。

スタートに課題があった馬だが、それが修正されたのなら、今後はこの路線で面白い存在になりそう。

2024年 シルクロードS(G3)のラップ分析&回顧