スターズオンアースのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

スターズオンアースの近走

21/10/9 2歳未勝利

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.47.3・-0.3差)

騎手:石橋脩(54キロ)

道中は中団の前目、5番手を追走。

4角は中団7番手で直線に向くと、直線は馬群の外から追い上げに入り、坂の上りでジワジワと差を縮めると、ゴール前で先頭集団をまとめて交わして、最後は余裕のゴール。

上りの脚は最速の33.9秒。

瞬発力はありそう。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/11/21 赤松賞(2歳1勝C)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.34.3・0.5差)

騎手:石橋脩(54キロ)

大外9番から序盤は少し行きたがって、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、4馬身差で逃げるパーソナルハイを追うが、なかなか交わすまでには行かず、3着まで。

上りの脚はメンバー3位の33.8秒。

逃げたパーソナルハイを交わせず、着差も1馬身半開けられたのは序盤で少し力みがあったせいか?


スターズオンアースの脚質

中団あたりから終いの脚を生かしてくる競馬がベストだろう。


スターズオンアースの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)。

スマートストライクは米国、カナダで走り、ダートG1を1勝。活躍の場はダートの7~8.5F(約1400~1700m)。

母方の8代前シェヘレザード(Scheherezade)を祖とする牝系は、欧州のクラシック牝系。

近親には、日本活躍馬ではソウルスターリング(阪神JF、オークス)がいる。

次走、フェアリーS(G3)に向けて

次走は1月10日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

うまく折り合いがつけば、その末脚は期待できる。

 



関連記事(一部広告を含む)