タイトルホルダーのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

タイトルホルダーのここまでの走り

20/10/4 2歳新馬

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

5枠4番からハナへ。

新馬戦としては少し速いペースだが、スローペースに変わりなし。

4角も先頭で直線に向き、危なげなく後続を振り切る。

2、3着馬も道中2、3番手の馬。

いわゆる「行った、行った」の決着。

20/11/23 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.47.7・0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

序盤はムキになってハナを切るが、ジョッキーがなだめて2番手へ。

道中も2番手から直線に向き、坂下から先頭に立つが、追ってきたダノンザキッドと併せ馬。

坂を上り切ってダノンザキッドに交わされるが、この馬自身2着は死守。

レース展開はスロー。

2番手なら粘り切りたいところだが。

タイトルホルダーの脚質

行きたがる面はあるが、スタートは速いので良いポジションは取れる。

あとはどれだけ粘れるかだが、そこら辺はちょっと怪しい。

タイトルホルダーの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「日本ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は中央の芝1800~2600mで活躍したメーヴェ

母の父はモティヴェイター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェイターは欧州で走り、G1を2勝。主戦場は芝の2000~2400m。

タイトルホルダーの次走

次走は12月26日(土)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

先行力はあるが、持久力はちょっと怪しい。

 

その他、ホープフルS(G1)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】