2021年4月18日【皐月賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、タイトルホルダーの好走パターンを分析。

タイトルホルダーの距離適性

タイトルホルダーはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-1)

緩い流れなら距離は持つ。

タイトルホルダーの脚質

先行脚質。

テンのスピードがあり、先行力は優秀なので、常に前々で競馬ができるのが最大の強み。

緩い流れならそのまま押し切り、消耗戦になっても簡単にはバテない底力を持つ。

今後の課題は、速い流れを最後まで持続させなければならないSP持続型の展開になったときの対応。

タイトルホルダーのコース適正

タイトルホルダーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(2-1-0-1)

タイトルホルダーの持ち時計(ベストタイム)

タイトルホルダーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.7 2着(東京)
  • 芝2000m:2.01.1 2着(中山)

スピード勝負、持続力が問われる展開ではどうか?

タイトルホルダーの重馬場適正

タイトルホルダーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ペースが緩み、上りがかかる道悪は戦いやすいと思う。


タイトルホルダーの鉄砲実績(休み明け)

タイトルホルダーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

タイトルホルダーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-1-0-1)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

タイトルホルダーの枠順適正

タイトルホルダーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(未)

タイトルホルダーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

タイトルホルダーの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-1-0-0)

タイトルホルダーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~472キロ

タイトルホルダーの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「日本ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は中央の芝1800~2600mで活躍したメーヴェ

母の父はモティヴェイター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェイターは欧州で走り、G1を2勝。主戦場は芝の2000~2400m。

タイトルホルダーのここまでの走り

20/10/4 2歳新馬

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

5枠4番からハナへ。

新馬戦としては少し速いペースだが、スローペースに変わりなし。

4角も先頭で直線に向き、危なげなく後続を振り切る。

2、3着馬も道中2、3番手の馬。

いわゆる「行った、行った」の決着。

20/11/23 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.47.7・0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

序盤はムキになってハナを切るが、ジョッキーがなだめて2番手へ。

4角も2番手から直線に向き、坂下から先頭に立つが、追ってきたダノンザキッドと併せ馬。

坂を上り切ってダノンザキッドに交わされるが、この馬自身2着は死守。

レース展開はスロー。

2番手なら粘り切りたいところだが。

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:4着(2.03.3・0.5差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

道中は先団の2~3番手。

4角も3番手で直線に向き、坂下までは粘っていたが、坂の上りで脚色が鈍り、最後はヨーホーレイクにも交わされて4着。

このペース、この上りで粘り切れないのなら、先行馬としての魅力はあまり感じない。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/3/7 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.02.0・-0.2差)

騎手:横山武史(56キロ)

抜群の先行力を生かしてハナへ。

道中は競りかけられることもなく、マイペースの逃げで4角も先頭。

直線も内ラチ沿いをしっかり伸びてゴール。

前後半1000mのタイム差は-3.2秒。

ドスローの行った行ったの展開だが、とりあえずは見事な逃げ切り勝ち。

2021年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:1着(2.00.6・-0.5差)

騎手:横山武史(57キロ)

抜群のスタートから道中は2番手。

3角過ぎには逃げるワールドリバイバルを交わして先頭に立つと、4角先頭で直線に向く。

直線入口では早くもエフフォーリアに交わされはするが、そのあとがズルズルとは行かずにしっかりと粘り切って2着を守った。

最後まで粘り切った底力は評価できるが、差し、追い込み勢の末脚も馬場に削がれた印象はある。

この馬の2着は、展開に依るところが大きいような気はする。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

 

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

良馬場なら出番はないとは思うが、先行馬の強みは、前にいさえすれば、何が起こるか分からないという点。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)