タイトルホルダーのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

タイトルホルダーのここまでの走り

20/10/4 2歳新馬

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

5枠4番からハナへ。

新馬戦としては少し速いペースだが、スローペースに変わりなし。

4角も先頭で直線に向き、危なげなく後続を振り切る。

2、3着馬も道中2、3番手の馬。

いわゆる「行った、行った」の決着。

20/11/23 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.47.7・0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

序盤はムキになってハナを切るが、ジョッキーがなだめて2番手へ。

4角も2番手から直線に向き、坂下から先頭に立つが、追ってきたダノンザキッドと併せ馬。

坂を上り切ってダノンザキッドに交わされるが、この馬自身2着は死守。

レース展開はスロー。

2番手なら粘り切りたいところだが。

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:4着(2.03.3・0.5差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

道中は先団の2~3番手。

4角も3番手で直線に向き、坂下までは粘っていたが、坂の上りで脚色が鈍り、最後はヨーホーレイクにも交わされて4着。

このペース、この上りで粘り切れないのなら、先行馬としての魅力はあまり感じない。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/3/7 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.02.0・-0.2差)

騎手:横山武史(56キロ)

抜群の先行力を生かしてハナへ。

道中は競りかけられることもなく、マイペースの逃げで4角も先頭。

直線も内ラチ沿いをしっかり伸びてゴール。

前後半1000mのタイム差は-3.2秒。

ドスローの行った行ったの展開だが、とりあえずは見事な逃げ切り勝ち。

2021年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

タイトルホルダーの脚質

行きたがる面はあるが、スタートは速いので良いポジションは取れる。

あとはどれだけ粘れるかだが、そこら辺はちょっと怪しい。


タイトルホルダーの重馬場

タイトルホルダーはこれまでにまだ道悪競馬の経験はない。

道悪の巧拙は未知数。


タイトルホルダーの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「日本ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は中央の芝1800~2600mで活躍したメーヴェ

母の父はモティヴェイター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェイターは欧州で走り、G1を2勝。主戦場は芝の2000~2400m。

タイトルホルダーの次走

次走は4月18日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「皐月賞(G1)」。

前走はレベルの低い流れだったが、先行力のあるところは十分に示した。

取りあえず前につけることができれば、何が起こるか分からない。

 

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

 

 



関連記事(一部広告を含む)