アドマイヤザーゲのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

20/9/6 2歳新馬

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.5差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は中団5番手の外。

3~4角は押して押して進出を促し、4角は6番手の外で直線。

直線ももたつくと思われたが、直線に向いて気合を入れると、スッと抜け出して先頭、最後は後続に3馬身つけて快勝。

良いキレは持ってそう。

20/11/15 黄菊賞(2歳・1勝C)

阪神 芝2000m 良

着順:1着(2.01.8・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

スタート出遅れて、道中は5頭の小頭数の5番手。

4角は先頭との差が3~4馬身で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、ゴール前で前の4頭をまとめて交わしてゴール。

道中のペースはかなりのスローだったが、この馬の終いは33.4秒。

阪神内回りの急坂でも切れた。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:10着(2.04.5・1.7差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

道中は中団の前目、位置取りは外。

3~4角でジョッキーはムチを入れて馬を促すが反応は薄い。

4角は中団7番手の大外ふくらみ加減で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、坂下で馬はすでに一杯の感じ。

終始外目を回った距離ロスもあっただろうが、それにしても反応が良くなかった。

荒れた馬場も良くないとは鞍上のコメント。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/1/23 若駒S(L)

中京 芝2000m 重

着順:6着(2.05.1・1.3差)

騎手:武豊(56キロ)

7頭立ての、道中は後方6番手。

4角も後方6番手で直線に向くが、直線ではまったく伸びず。

この馬、やはり道悪は走らない?

アドマイヤザーゲの脚質

終いのキレはそこそこ良いものを持ってそう。

近2走は、道悪が堪えたのか? ただ単に力不足なのか? 判断に苦しむ。

もしかすると良馬場のスローでしか終いを出せない可能性も出てきた。


アドマイヤザーゲの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「日本ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はケープクロス(ND系ダンチヒ)。

ケープクロスは欧州、ドバイなどで走り、芝8F(約1600m)の「ロッキンジS(G1)」で優勝。他、芝8Fの重賞で活躍。種牡馬としては「凱旋門賞」などG1を8連勝したシーザスターズがいる。

半兄にロジユニヴァース(日本ダービー)。

アドマイヤザーゲの重馬場

この馬、道悪は走りそうにない。

アドマイヤザーゲの次走

次走は4月17日(土)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「アーリントンカップ(G3)」。

距離短縮が良いとは思えないが・・・。

 

その他、アーリントンカップ(G3)の注目馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)