アドマイヤザーゲのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

20/9/6 2歳新馬

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.5差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は中団5番手の外。

3~4角は押して押して進出を促し、4角は6番手の外で直線。

直線ももたつくと思われたが、直線に向いて気合を入れると、スッと抜け出して先頭、最後は後続に3馬身つけて快勝。

良いキレは持ってそう。

20/11/15 黄菊賞(2歳・1勝C)

阪神 芝2000m 良

着順:1着(2.01.8・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

スタート出遅れて、道中は5頭の小頭数の5番手。

4角は先頭との差が3~4馬身で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、ゴール前で前の4頭をまとめて交わしてゴール。

道中のペースはかなりのスローだったが、この馬の終いは33.4秒。

阪神内回りの急坂でも切れた。

【期待される能力】

  • 瞬発力

アドマイヤザーゲの脚質

終いのキレはそこそこ良いものを持ってそう。

あとはペースアップしたときに対応できるかどうか。

アドマイヤザーゲの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「日本ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はケープクロス(ND系ダンチヒ)。

ケープクロスは欧州、ドバイなどで走り、芝8F(約1600m)の「ロッキンジS(G1)」で優勝。他、芝8Fの重賞で活躍。種牡馬としては「凱旋門賞」などG1を8連勝したシーザスターズがいる。

アドマイヤザーゲの次走

次走は12月26日(土)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

後ろから飛んでくるとしたらこの馬。

 

その他、ホープフルS(G1)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】