ヨーホーレイクのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

ヨーホーレイクのここまでの走り

20/7/12 2歳新馬

阪神 芝1800m(外) 稍重

着順:1着(1.51.4・-0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

道中は7頭立ての4~5番手。

3角過ぎから進出を開始し、4角は3番手で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、坂下で先頭に立つと、内で抵抗するセファーラジエルを抑え込んでゴール。

稍重なりの緩いペース。

特に見どころはない。

20/10/17 紫菊賞 (2歳・1勝C)

京都 芝2000m(内)重

着順:1着(2.04.6・クビ差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は5頭立ての3~4番手。

4角4番手で直線、先頭とは2~3馬身。

直線では馬場の真ん中から追い上げて、先に抜け出していたグラティトゥーと馬体を併せて追い比べ。

ゴール前、クビ差先に出たのはヨーホーレイク。

重馬場ではあるが、ペースはかなり緩かった。

道悪適正はありそう。

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順::3着(2.03.1・0.3差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中団の内。

直線は外に出して追い上げてくるが、前も止まらず3着まで。

上り3Fは36.4秒でメンバー最速(最速は4頭)。

これで3戦続けて終いは最速。

終いの安定感はありそう。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

ヨーホーレイクの脚質

3戦続けて上り3Fはメンバー最速。

終いは確実に繰り出してくるタイプなので、戦績も比較的安定してきそう。

ただ、ここまですべてが緩目の馬場だけに、パンパンの良馬場ではどのような走りを見せるのかが課題。


ヨーホーレイクの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。


ヨーホーレイクの次走

次走は2月7日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「きさらぎ賞(G3)」。

ここまで安定した戦績を残し、終いも確実に繰り出してくる馬なので信頼感はあるが、飛び抜けた強さはまだ感じられない。

この一戦で昨年の「ホープフルS」のレベルがどれ程のものだったか、ある程度は分かるかも。

 

その他、きさらぎ賞(G3)の有力馬を分析