2023年10月22日【菊花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ドゥレッツァの好走パターンを分析。

ドゥレッツァの距離適性

ドゥレッツァはこれまでに芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(2-0-1-0)
  • 芝2200m(2-0-0-0)
  • 芝3000m(1-0-0-0)

適距離はどのあたりか?

ドゥレッツァの脚質

先行押し切り、中団に控えてからの差し脚。

SPの持続力、スタミナ、瞬発力、どの能力も高そう。

一方で、パワー、底力と言ったカテゴリーでどこまで戦えるか?

この能力も高いようだと無双状態。

ドゥレッツァのコース適正

ドゥレッツァの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(2-0-0-0)
  • 中山(1-0-1-0)
  • 中京(未)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

中山コースの1着は超スローの終いだけの競馬。

直線平坦での勝利が多い中、パワーを要する直線急坂での走りをもう少し見てみたい。

ドゥレッツァの持ち時計(ベストタイム)

ドゥレッツァの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.59.2 1着(東京)
  • 芝2200m:2.11.4 1着(新潟)
  • 芝3000m:3.03.1 1着(京都)

ドゥレッツァの重馬場適正

ドゥレッツァの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

唯一取りこぼしているのが稍重馬場。

ここがウイークポイントになるのか?

ドゥレッツァの鉄砲実績(休み明け)

ドゥレッツァの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ドゥレッツァのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(3-0-0-0)

じっくり休ませながら使う傾向。

体質があまり強い方ではないのかも。

ドゥレッツァの枠順適正

ドゥレッツァの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(2-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(1-0-0-0)

ドゥレッツァの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-1-0)
  • 55キロ(3-0-0-0)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(1-0-0-0)

ドゥレッツァの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~468キロ

ドゥレッツァの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

代表産駒はタイトルホルダースターズオンアースリバティアイランド

母の父はモアザンレディ(ヘイロー系)。

モアザンレディは米国で走りダートG1を1勝、2着2回。主戦場はダートの短距離から中距離。

カフェファラオ(フェブラリーS連覇、マイル南部杯)の母父。

ドゥレッツァの前走

23/10/22 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:1着(3.03.1・-0.6差)

騎手:ルメール(57キロ)

詳細は「ラップ分析」の通りだが、遅れてきた「超新星」は、長距離以外のカテゴリーでもその力を示せるか否かが非常に興味深い。

2023年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧