トウシンマカオのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

21/8/29 2歳新馬

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.35.3・-0.4差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

道中は先団2番手の外。

4角も2番手で直線に向き、直線は馬群の真ん中から手応え抜群で伸びて来る。

残り300mあたりで先頭に立つと、あとは後続を引き離して2馬身半差で快勝。

1200m除外でここ。

陣営は距離を危惧していたようだが、この勝利だけではまだなんとも言えない。

21/11/6 京王杯2歳S(G2)

東京 芝1400m 良

着順:2着(1.21.5・0.2差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

5枠8番からスタートを決めたが、行きたい馬を行かせて自身は4番手追走。

4角は3番手で直線に向き、前を走るキングエルメスを追って行くが、なかなかその差が詰まらない。

結局、その差を詰めることが出来ずに2着まで。

最後は再び離されて、後続には差を詰められていたような感じ。

血統から見ても、ベストは千二あたりかも。

トウシンマカオの脚質

スタートが良く、スピードもありそう。

先行押し切りが好走パターンのように見える。


トウシンマカオの血統背景

父はビッグアーサー(ナスルーラ系プリンスリーギフト/高松宮記念、セントウルS)。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系/日本ダービー、春天、秋天、ジャパンカップ)。


次走、朝日杯フューチュリティS (G1)に向けて

次走は12月19日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS (G1)」。

距離不安は確かにありそう。

 

⇒その他、2021・朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)