ドウデュースのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

ドウデュースのここまでの走り

21/9/5 2歳新馬

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.50.2・-0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

道中は好位の6番手の外。

4角は2番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げてきて、ゴール前はガイヤフォースとの追い比べを制してゴール。

道中の流れは緩く、走破時計は平凡。

平均的な勝ち上がり。

21/10/23 アイビーS(2歳・L)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.49.3・クビ差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は先団の外、4番手あたりを追走。

4角は3番手で直線に向き、直線は馬群の外目から楽な手応えで追い上げてくる。

坂の上りで先頭に立つと、ゴール前はグランシエロの追い上げをクビ差凌いでゴール。

中盤はかなり緩めの直線瞬発力勝負。

走破時計、上り時計、勝ち馬の上りタイムともに、並み。

21/12/19 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.33.5・-0.1差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中団やや後ろ、8番手の外を追走。

4角は7番手の外で直線に向くと、直線は馬場の良い外目を通って追い上げに入る。

坂の上りで、先に抜け出していたセリフォスと馬体を併せて追い比べ。

ゴール前、半馬身抜け出してゴール。

レース内容としては完勝といったところ。

3連勝で年を越すわけだが、抜きん出た強さはまだ感じない。

2021年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

22/3/6 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.00.5・クビ差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は中団の前、4~5番手を追走。

3~4角あたりでロジハービンが動いて行ってペースが上がったところでそれにはつき合わず位置取りを少し下げた。

4角は5番手の内で直線に向くと、直線は馬群の中ほどから追い出しにかかり、先に抜け出していたアスクビクターモアを追うが、その差はなかなか詰まらない。

ゴール前では何とかクビ差まで詰め寄るが、そこがゴール。

位置取りを下げたのが、不利なのか何なのかよく分からないが、その差が勝敗を分けた感じ。

まあ、勝ち馬とはそう差はないだろう。

2022年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

22/4/17 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 良

着順:3着(2.00.0・0.3差)

騎手:武豊(57キロ)

スタート五分もポジションを下げて道中は後方の15番手あたり。

4角も後方14番手で直線に向き、直線は馬群の大外を追い上げてはくるが、0.3差の3着まで。

1番人気を背負いながら、この道中の位置取りはちょっと理解に苦しむ。

2022年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧


ドウデュースの脚質

好位、または中団あたりから直線で抜け出してくる競馬。

キレというよりSPの持続力で勝負するタイプではないか。


ドウデュースの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック)。

母の父はヴィンディケーション(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ヴィンディケーションは米国で走り、デビューから4連勝でBCジュヴェナイル(GⅠ・ダート9F)を制した。

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「東京優駿(日本ダービー・G1)」。

キレで勝負するより、持続力を生かした方がいい馬だとは思うが。

力はある馬なので、戦法さえかみ合えば、いい勝負にはなるはず。

 

⇒その他、日本ダービー(G1)の出走馬を分析