ダノンスコーピオンのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

ダノンスコーピオンのここまでの走り

21/6/20 2歳新馬

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.38.7・クビ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

小頭数の7頭立て。

7枠7番から道中は5番手の外。

4角も5番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い上げを計るが、先に抜け出していたルージュラテールもなかなかしぶとい。

坂の上りで差を開けられたが、ゴール前、ルージュラテールの脚が甘くなったところを捉えてゴール。

道中13秒台のラップが3度もある、かなり緩めの流れからの瞬発力勝負。

終いの脚は見せたが、道中2番手追走の牝馬を捉えるのに手間取った印象。

21/10/30 萩S(2歳L)

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.48.5・クビ差)

騎手:川田将雅(55キロ)

小頭数の6頭立て。

5枠5番から道中は3番手追走。

4角は4番手で直線に向き、直線は馬群の外目から、坂の上りで先に抜け出していたキラーアビリティを捉えにかかり、ゴール前、クビ差交わしてゴール。

今回も中盤でかなり緩んだスローの瞬発力勝負。

自身の上りはメンバー最速の33.5秒だが、前走同様スパッと切れる感じがしない。

21/12/19  朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.7・0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団の後ろ、8番手の内。

4角は9番手の内で直線に入り、直線は馬群の中ほどから追い上げを計り、そこそこの伸び脚を示して3着に入った。

それなりの末脚は持っていそうだが、現時点ではまだ切れ味が不足している感じ。

2021年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

22/2/13 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重

着順:7着(1.48.8・0.9差)

騎手:川田将雅(56キロ)

大外11番から道中は中団後ろ8番手を追走。

4角は7番手で直線に向き、直線は馬群の外、勝ったダノンベルーガの後ろから追い上げに入るが、まったく伸びを欠いて7着まで。

ペースがかなり緩かっただけに、距離が長かったにしても、ちょっと敗けすぎの感はある。

鞍上はコメントで距離の不安を口にしているが、どうだろう?

2022年 共同通信杯(G3)のラップ分析&回顧

22/4/16 アーリントンC(G3)

阪神 芝1600m(外)

着順:1着(1.32.7・-0.1差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団10番手を追走。

4角も馬群の中の10番手で直線。

直線は馬群の中から進路を探し追い出しを待たされたが、残り300m付近で外に進路を取ると、そこから一気に追い出して、ゴール前、先に抜け出していたタイセイディバインをクビ差交わしてゴール。

これまで抜けた強さは感じられなかった馬だが、今回はだけは強い内容。

馬自体も成長している印象。

距離はマイルが良い。

2022年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧


ダノンスコーピオンの脚質

中団あたりに控えて終いを生かす競馬。

末脚はそこそこ切れる。

2歳G1の「朝日杯FS」3着のときより成長している印象はある。


ダノンスコーピオンの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はスライゴベイ(ND系サドラーズウェルズ)。

スライゴベイは米国で走り、芝のG1ハリウッドターフカップステークス(12F・約2400m)に勝利している。

次走、NHKマイルカップ(G1)に向けて

次走は5月8日(日)、東京競馬場 芝1600m で行われる「NHKマイルカップ(G1)」。

2走前の「共同通信杯」での0.9差の7着が、距離による敗戦なら良いのだが、左回りだとやっかい。

 

⇒その他、NHKマイルカップ(G1)の出走馬を分析