2024年2月25日【中山記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジオグリフの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ジオグリフの距離適性

ジオグリフはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-1-0)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離馬だが、良いのは1800mのような感じ。

ジオグリフの脚質

前々からのSPの持続力を生かした競馬では力は出せるが、速い時計、速い上りでは苦戦。

「皐月賞」を勝ってはいるが、あの勝利はちょっとフロック的要素が強いと思う。

ジオグリフが勝った皐月賞

ジオグリフのコース適正

ジオグリフの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(1-0-1-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(未)

ジオグリフの持ち時計(ベストタイム)

ジオグリフの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.0 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.1 2着(東京)
  • 芝2000m:1.58.3 9着(東京)
  • 芝2200m:2.11.9 9着(阪神)
  • 芝2400m:2.22.9 7着(東京)

速い時計は向かない。

時計がかかって良いタイプ。


ジオグリフの重馬場適正

ジオグリフの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

時計がかかる道悪は得意そう。

ジオグリフの鉄砲実績(休み明け)

ジオグリフの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ジオグリフのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-0-0-2)
  • 中6~8週(1-1-0-0)

ジオグリフの枠順適正

ジオグリフの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ジオグリフの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-2)
  • 57キロ(1-1-0-1)
  • 58キロ(0-0-1-1)

ジオグリフの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

ジオグリフの好走体重

3着以内の体重は;

  • 490~516キロ

ジオグリフの血統背景

父はドレフォン(ND系ストームキャット)。

ドレフォンは米国で走り、ダートG1を3勝。主戦場はダートの短距離。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC,日本ダービー)。

母方の4代前、ペルースポートを祖とする牝系は、多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

近親としてはインティライミ(京都新聞杯、朝日チャレンジC,京都大賞典、日本ダービー2着)、アリゼオ(スプリングS、毎日王冠)、アルバート(ステイヤーズS3連覇、ダイヤモンドS)など。