ジオグリフのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ジオグリフのここまでの走り

21/6/26 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.2・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

2枠2番から道中は3番手追走。

4角は4番手で直線に向くと、直線は前を走る手応え抜群のアサヒを追う。

坂を上りきるまでは交わせそうにない雰囲気だったが、坂を上りきって残り200mを切ると、一気に加速してアサヒを交わすと、そのまま突き抜けてゴール。

自身の上りは33.3秒。

走破タイムも新馬戦としては優秀。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/9/4 札幌2歳S(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.49.1・-0.7差)

騎手:ルメール(54キロ)

8枠9番からスタート少し出遅れて、序盤は最後方からの競馬。

向正面の残り800mあたりから進出を開始すると、3角は5番手、4角は3番手まで順位を上げるが、それでもまだまだ楽な手応えで直線に向く。

直線はノーステッキで、残り200mで先頭に立つと、そのまま突き抜けて余裕綽綽のゴール。

昨年のソダシが出したレコードタイムには0.9秒及ばないが、最後はメイチで追っていればそれに近いタイムも出ただろう。

残り800mから長く良い脚を使い、ゴール前はそれでもまだまだ余裕の手応え。

スピードの持続力は相当ありそう。

【期待される能力】

  • SP持続力

ジオグリフの脚質

どんな競馬も出来そうだが、新馬戦で見せた好位抜け出しが板に付くとなかなか強そう。

不安材料としては、「喉鳴り」の持病があるということだが、「札幌2歳S」では圧巻の勝利。

今後の推移を見守りたい。


ジオグリフの血統背景

父はドレフォン(ND系ストームキャット)。

ドレフォンは米国で走り、ダートG1を3勝。主戦場はダートの短距離。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC,日本ダービー)。

母方の4代前、ペルースポートを祖とする牝系は、多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

近親としてはインティライミ(京都新聞杯、朝日チャレンジC,京都大賞典、日本ダービー2着)、アリゼオ(スプリングS、毎日王冠)、アルバート(ステイヤーズS3連覇、ダイヤモンドS)など。

次走、朝日杯フューチュリティS (G1)に向けて

次走は12月19日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS (G1)」。

「喉鳴り」は心配だが、「ホープフル」へは行かずに、距離をマイルに縮めて来たのはそのためかも。

いずれにしても力はありそう。「喉鳴り」が大丈夫なら、かなり有望な一頭になる。

 

⇒その他、2021・朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)