カジュフェイスのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

カジュフェイスのここまでの走り

21/8/14 2歳新馬

小倉 芝1200m 不良

着順:2着(1.10.8・0.1差)

騎手:秋山真一郎(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線は逃げるサンディブリッジとの追い比べ。

ゴール前まで両馬譲らない戦いになったが、ゴール前、サンディブリッジがクビ差抜け出してゴール。

いずれにしても道悪適正はありそう。

【期待される能力】

  • 道悪適正

21/9/5 2歳未勝利

小倉 芝1200m 良

着順:5着(1.09.3・0.2差)

騎手:秋山真一郎(54キロ)

道中は2番手、4角も2番手で直線に向き、直線は内を突いて追い上げを計るが、前が詰まってなかなか開かない。

やっと進路が開いて伸び欠けたところで、今度は外の馬が内側に斜向して進路を塞いだ。

終わってみれば0.2差の5着。

良く走っている、参考外でいいだろう。

21/10/3 2歳未勝利

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.2・-0.7差)

騎手:秋山真一郎(55キロ)

スタート良く、5枠9番からハナへ。

4角も先頭で直線に向き、直線は坂を上りきって2馬身のリード。

あとはどんどん後続を突き放して、終わってみれば4馬身差の圧勝。

道中刻んだラップもそこそこ速く、走破タイムも優秀。

【期待される能力】

  • 先行力
  • SP持続力

21/10/17 もみじS(2歳オープン)

阪神 芝1400m(内)良

着順:1着(1.23.3・-0.6差)

騎手:幸英明(55キロ)

6頭立ての小頭数。

4枠4番からハナへ。

4角は後続に1馬身の差をつけて直線。

直線も脚色は鈍ることなく、坂の上りで再度後続を突き放して、3馬身半差の圧勝。

前走の「未勝利戦」よりも緩いペースで逃げて余裕の勝利。


カジュフェイスの脚質

逃げ、先行脚質。

スタートが速く、しっかり前目のポジションが取れるスピードを持ち、1400mまではまずまずのスピード持続力を見せている。

「逃げ」で鳴らした父・エイシンヒカリの血を継承できるか。


カジュフェイスの血統背景

父はエイシンヒカリ(サンデー系ディープインパクト/香港カップ、イスパーン賞、毎日王冠、エプソムC)。

母の父はデヴィルズバッグ(ヘイロー系)。

デヴィルズバッグは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの短距離~マイル。

デヴィルズバッグはダイキシャトル(マイルCS連覇、スプリンターズS、安田記念、ジャックルマロワ賞)の父。

母方の5代前、アスリン(Azurine)を祖とする牝系は、タイキシャトルなど多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

近親としてはタイキシャトル(前出)、シンコウラブリイ(マイルCS)、ピースオブワールド(阪神JF)など。

次走、朝日杯フューチュリティS (G1)に向けて

次走は12月19日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS (G1)」。

近2走の圧勝劇に加え、牝系は押しも押されぬマイラー牝系。

しっかりハナさえ切れれば、ちょっと面白い一頭になりそう。

 

⇒その他、2021・朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)