ドーブネのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ドーブネのここまでの走り

21/9/4 2歳新馬

札幌 芝1500m 良

着順:1着(1.30.5・-0.3差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートはフワッと出て、行き脚がつかずに後方からの競馬。

3~4角、馬群の大外を回して進出開始。

4角は5番手の大外で直線。

直線に入るとすぐに先頭を射程圏に収めると、残り200mを切って先頭。

あとは後続を1馬身半突き放して余裕のゴール。

力はありそうな馬、ここは余裕の勝ち上がり。

21/10/2 ききょうS(2歳OP)

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.4・-0.3差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

1枠1番から、スタートの出はあまり速くはなかったが、枠順の利もあり、二の脚で先頭に立つ。

4角は後続に1馬身の差をつけて直線。

直線は坂の上りで1発2発気合を入れると、そこからスーッと伸びて後続を突き放し、あとはノーステッキで余裕のゴール。

道中のペースも別段スローというわけではないが、最後は余裕綽綽のゴール。

前走同様、まだぜんぜん本気で走っていない感じが怖い。


ドーブネの脚質

末脚の威力はまだよく確認できてはいないが、ディープ産駒でもあり、切れ味鋭い末脚を繰り出せる可能性は高い。

前につけても、しっかり速いスピードを持続できるだけのSP持続力はありそう。

4億7010万円で競り落とされた高額馬だけに、得体の知れない怖さはある。


ドーブネの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はフットステップスインザサンド(ND系ストームキャット)。

フットステップスインザサンドは欧州で走り、デビューから3連勝で芝のG1「英2000ギニー(8F・約1600m)」を勝利。その後は脚部不安で引退し種牡馬入り。

次走、朝日杯フューチュリティS (G1)に向けて

次走は12月19日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS (G1)」。

勝ち負けしてきても不思議はないが、まったく走れなくても頷ける。

とにかく「惑星」。数字などの裏付けはなく、「強そう」としか言えない。

 

⇒その他、2021・朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)