2020年11月8日【アルゼンチン共和国杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サンレイポケットの好走パターンを分析。

サンレイポケットの距離適性

サンレイポケットはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(0-0-2-0)
  • 芝2000m(3-2-1-3)
  • 芝2200m(0-1-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

現状では2000mの勝ち鞍が多いが、実際の適距離はそれ以上かも?

サンレイポケットの脚質

スタートの遅い馬なので、位置取りは後方~中団あたりになることが多い。

しかし終いの脚はペースに関わらず確実に繰り出してくる。

よって着順も安定している。

一瞬のキレというより長く良い脚を使うタイプ。

サンレイポケットのコース適正

サンレイポケットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-1-0)
  • 東京(1-0-1-1)
  • 中京(2-0-0-0)
  • 京都(1-2-1-2)
  • 阪神(0-0-0-2)

左右回りで分けると;

  • 右回り(1-2-1-4)
  • 左回り(3-1-2-1)

左回りの方が良い。

サンレイポケットの持ち時計(ベストタイム)

サンレイポケットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.2 6着(京都)
  • 芝1800m:1.46.0 3着(東京)
  • 芝2000m:1.59.8 1着(中京)
  • 芝2200m:2.15.0 2着(京都)
  • 芝2400m:2.33.1 1着(東京)
  • 芝2500m:2.32.0 6着(東京)

スピード勝負の経験はまだない。

サンレイポケットの重馬場適正

サンレイポケットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は走る。

サンレイポケットの鉄砲実績(休み明け)

サンレイポケットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-0)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(2-2-0-0)

叩き良化型。

サンレイポケットの枠順適正

サンレイポケットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-3-2-3)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(1-0-1-0)

サンレイポケットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-0)
  • 3~5月(春):(1-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-3-2)

サンレイポケットの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-2-0)
  • 55キロ(1-1-0-2)
  • 56キロ(1-0-1-1)
  • 57キロ(2-1-0-1)

サンレイポケットの連対体重

  • 472~488キロ

サンレイポケットの血統背景

父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

母の父はワイルドラッシュ(ニアークティック系)。

母の父は米国で走り、ダートG1を2勝(7F、8F)。2010~2011年の「ジャパンカップダート(G1)」を連覇したトランセンドの父。

サンレイポケットの近走

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:3着(1.59.9・頭-クビ差)

騎手:荻野極(54キロ)

スタートで少し遅れたが、中団の後ろあたりをキープ。

4角は外を回して、直線も馬場の大外を追い込んで来るが僅かに届かず。

やはり終いは確実。

重賞初挑戦としては上々の出来。

2020年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

20/10/11 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 稍重

着順:3着(1.46.0・0.5差)

騎手:荻野極(56キロ)

前の2頭が離して逃げる展開で、サンレイポケットは中団にポジションを取る。

4角は先頭から離れた5番手で直線。

直線は馬群の外目から猛追をかけるが、2着馬にはハナ差及ばず。

相変わらず終いは確実。

1800mの速いペースにも対応できた。

2020年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

20/11/08 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:6着(2.32.0・0.4差)

騎手:荻野極(55キロ)

道中は中団。

4角では各馬外へ殺到して、とても外へ進路が取れる状況ではなかった。

仕方なく馬場の悪い内側を狙って追い込んで来て、残り200mでは先頭を捉える勢いだったが、そこから失速しての6着。

この馬場では内からでは伸びようがない。

決して力負けではない。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

サンレイポケットの次走

次走は1月17日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2・ハンデ)」。

近走ではスタートも良くなって、ポジションを取れるようになっている。

中京コースとは相性も良く、前走の内容も悪くはないので、ハンデ据え置きの55キロなら勝負になりそう。

 

その他、日経新春杯(G2)の出走馬を分析