2021年1月5日【中山金杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アールスターの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アールスターの距離適性

アールスターはこれまでに芝2000m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(4-2-1-6)
  • 芝2200m(0-3-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

現状では中距離だが、2500mも初挑戦でそこそこ粘ってはいた。まだ見限れない。

アールスターの脚質

先団、もしくは中団の前目につけて、終いはしぶとく脚を伸ばしてくる。

キレッキレの瞬発力と言うよりはスピード持続型。

速い上がりのキレ味勝負では後手。

アールスターのコース適正

アールスターの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-3-0-0)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(1-1-1-1)
  • 小倉(2-0-0-1)

左右回りは;

  • 右回り(4-3-2-6)
  • 左回り(0-4-0-2)

左回りは勝ち切れない。

アールスターの持ち時計(ベストタイム)

アールスターの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.57.5 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.11.3 2着(中京)
  • 芝2500m:2.32.2 8着(東京)

高速馬場でもしっかりと戦えている。

アールスターの重馬場適正

アールスターの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-1-0)
  • 重(0-1-0-0)

道悪は気にしない様子。

アールスターの枠順適正

アールスターの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-3-2-3)
  • 5~9番(2-3-0-2)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

アールスターの鉄砲実績(休み明け)

アールスターの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

※ダート含む

10週以上(0-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(2-3-1-2)

使われつつ良くなるタイプ。

アールスターの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(0-2-2-3)
  • 3~5月(春):(1-3-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

気候は特に気にしない。

アールスターの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-2-0-7)
  • 57キロ(2-3-1-1)

アールスターの連対体重

  • 500~518キロ

アールスターの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はサッカーボーイ(ファイントップ系)。

母の父は種牡馬として、ナリタトップロード、ヒシミラクルを輩出したステイヤー系統。系統としてはステイゴールドの母系と同じ。


アールスターの近走

20/8/16 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 良

着順:1着(1.57.5・-0.2差)

騎手:長岡禎仁(53キロ)

道中は中団の内で脚をため、人気どころが早めに動いた3~4角でも内で温存。そして直線は最内から鋭く伸びた。

2020年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

人気どころが総崩れになる中、一頭経済コースからの直線最内を突いての鮮やかな差し切り。

ハンデと運も味方したところはあったが、もともと堅実で力のある馬。

この勝利、すべてがフロックと言うことは決してないだろう。

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:14着(2.00.8・0.9差)

騎手:長岡禎仁(56キロ)

4枠7番から先団に取り付くが、直線では完全に切れ負け。

ペースが超スローだっただけに、キレ味勝負では及ばなかった。

2020年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:8着(2.32.2・0.6差)

騎手:長岡偵仁(56キロ)

道中は先団4番手、勝ったオーソリティを前に見るかたちで追走。

4角も4番手で直線に向き、直線もそこそこ伸びかけるが、馬群の中に入って少し窮屈な感じ。

しかし大きく失速はぜずに0.6差に粘る。

この距離、まだ見限れない。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:5着(2.01.4・0.5差)

騎手:長岡偵仁(56キロ)

スタート直後、左右から挟まれるかたちで順位を落とす。

道中は後方からの追走。

4角も13番手で直線に向くが、直線は馬群の中からしっかりと伸びて来て5着を確保。

上りはメンバー最速34.4秒。

スローの流れで後ろからでは厳しい展開にしてはよく頑張った。

「瓢箪から駒」、脚質の幅を広げた1鞍。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

アールスターの次走

次走は2月21日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3)・ハンデ)」。

1800mの距離は初めてだが、守備範囲だろう。

小倉コースとの相性も悪くはないだけに(2-0-0-1)、嵌れば激走も十分にあり得る。

 

その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析