2020年8月2日【関越S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ウインガナドルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ウインガナドルの距離適性

ウインガナドルはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-2-1-5)
  • 芝2000m(2-1-2-4)
  • 芝2600m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

現状では1800~2000m。

それ以上もまだダメとは決め難い。

ウインガナドルの脚質

「逃げ」るとしぶとい。

スローはもちろん、そこそこのラップを刻んでもそこそこ粘る。

控えて番手にまわっても、それなりの競馬は可能。

ただ、位置取りがそれ以下になるとダメ。

ウインガナドルのコース適正

ウインガナドルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-1-0-2)
  • 新潟(2-1-1-2)
  • 東京(2-1-0-1)
  • 中山(0-0-2-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-2)

左右回りで分けると;

  • 右回り(0-1-2-7)
  • 左回り(4-2-1-4)

左回りの方が走りやすいのだろう。

ウインガナドルの持ち時計(ベストタイム)

ウインガナドルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.8 2着(新潟)
  • 芝2000m:1.58.0 4着(新潟)
  • 芝2600m:2.42.6 13着(福島)
  • 芝3000m:3.24.0 16着(京都)

1800~2000mは特別遅くもなく、特別速くもない。

ウインガナドルの重馬場適正

ウインガナドルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

マイペースの逃げが打てれば、馬場は関係なさそう。

ウインガナドルの鉄砲実績(休み明け)

ウインガナドルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(1-2-0-1)

ウインガナドルの枠順適正

ウインガナドルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-1-4)
  • 5~9番(2-1-0-1)
  • 10~14番(2-1-0-5)
  • 15~18番(0-0-3-1)

ウインガナドルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-4)
  • 3~5月(春):(2-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-2-1-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

ウインガナドルの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-0-0-1)
  • 52.5~54キロ(0-1-2-3)
  • 54.5~56キロ(3-1-1-1)
  • 57キロ~(1-1-0-6)

ウインガナドルの連対体重

  • 452~470キロ

ウインガナドルの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)、母は2001年の「フラワーカップ(G3・中山芝1800m)」を勝ったタイムフェアレディ。

母の父は「菊花賞」、「天皇賞(春)」を連覇したメジロマックイーン。

ステイゴールドとメジロマックイーンの組み合わせではゴールドシップ、オルフェーブル、ドリームジャーニーがいる。

ウインガナドルの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

メンバーを見渡しても、「逃げ馬」と呼べるのはこの馬一頭だけ。

型に嵌れば粘り込みも。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析