2020年7月19日【函館記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、プレシャスブルーの好走パターンを分析。

プレシャスブルーの距離適性

プレシャスブルーはこれまでに芝1600m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-2)
  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(3-2-1-11)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-4)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(0-1-0-1)

ベストは2000mで前後200mは守備範囲。

2600mの2着は下級条件。

プレシャスブルーの脚質

中団あたりで脚を溜めて直線で差し切る競馬。

しかし末脚はそれほどのキレはないので、位置取りが後ろになりすぎると厳しい。

スタミナはある方なので、上りのかかる展開になると浮上。

プレシャスブルーのコース適正

プレシャスブルーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-1-0-2)
  • 新潟(0-0-1-1)
  • 東京(1-0-1-5)
  • 中山(2-2-1-6)
  • 中京(1-1-0-1)
  • 阪神(0-0-0-3)

上りが速くなりすぎない、小回り、内回りコースに向いてる感じ。

プレシャスブルーの持ち時計(ベストタイム)

プレシャスブルーの芝1800~2200mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.7 2着(中山)
  • 芝2000m:1.58.9 3着(新潟)
  • 芝2200m:2.13.7 3着(中山)

スピード勝負に向いている感じではない。

プレシャスブルーの重馬場適正

プレシャスブルーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-1-6)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場での1敗は休み明けもあった。

プレシャスブルーの鉄砲実績(休み明け)

プレシャスブルーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-4)
  • 3戦目(2-1-0-3)
  • 4戦目(1-1-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-3)

データ的には叩き良化型。

また、ローテーション的には;

  • 中1週(2-1-0-4)
  • 中2週(2-1-1-5)
  • 中3~5週(1-1-0-5)
  • 中6~8週(未)

詰めて使って調子を出す傾向。

プレシャスブルーの枠順適正

プレシャスブルーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-6)
  • 5~9番(1-2-1-9)
  • 10~14番(2-1-2-4)
  • 15~18番(0-0-0-1)

プレシャスブルーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-6)
  • 3~5月(春):(2-1-1-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-4)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-6)

プレシャスブルーの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(0-0-2-12)
  • 54.5~56キロ(2-1-0-4)
  • 57キロ~(3-3-1-4)

軽量馬ながら、負担重量が重くてもそこそこ走る。

プレシャスブルーの連対体重

  • 428~448キロ

下級条件では420キロ台でも走っているが、現状では435キロを切るとちょっと心配。

プレシャスブルーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父は「有馬記念」「天皇賞(春)」を制したアンバーシャダイ(ND系)。

プレシャスブルーの近走

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:3着(1.58.9・0.3差)

騎手:石川裕紀人(54キロ)

道中は中団の後ろあたり。

直線は馬場の外に出して追い上げを計り、上り時計メンバー最速の34.5秒で3着。

ペースがそこそこ流れて、レースの上りが35.4秒と少しかかったのも良かった。

20/7/19 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:9着(2.00.4・0.7差)

騎手:石川裕紀人(54キロ)

スタートで行き脚がつかず、道中は後方14~15番手。

4角は大外を回して追い上げるが、9着。

このレースもそこそこ流れて、レースの上りは37.1秒の消耗戦になったが、プレシャスブルーの末脚は36.6秒でメンバー4位。

休み明けで-20キロの430キロが応えたのだろう。

プレシャスブルーの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000mで行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは引き続き54キロ。

前々走では同じ舞台で好走したが、そう何度も展開が向くとは思えない。

馬体の回復も課題。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析