2020年9月13日【セントウルS】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、タイセイアベニールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

タイセイアベニールの距離適性

タイセイアベニールはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(5-7-1-8)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

芝1200mに特化タイプ。

タイセイアベニールの脚質

スタートが遅いので、位置取りはどうしても中団~後方になってしまうが、ペースの緩急を問わず、終いの脚は確実。

たまにスタートを決めて前目の競馬ができると、ハイペースでもそのまま押し切る持続力を持つ。

この競馬が一番強いと思うが、スタートは常に良いとは限らない。

タイセイアベニールのコース適正

タイセイアベニールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-3-0-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 中山(2-0-1-1)
  • 中京(1-0-0-2)
  • 京都(1-3-0-1)
  • 阪神(0-1-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

左回りは(1-0-0-2)。このキャリアで出走数がわずかに3鞍と言うのは、苦手意識があるように思われるが、2020年の「セントウルS」でもそこそこの走りはしている(0.3差・4着)ので、概ね問題ないと思われる。

ただ、走破時計が優れているのは断然右回り。重賞で勝ち負けするならやはり右回りの方が良いだろう。

タイセイアベニールの持ち時計(ベストタイム)

タイセイアベニールの芝1200mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.7 1着(クビ差・京都)

スピード勝負にもそこそこは対応できそう。

タイセイアベニールの重馬場適正

タイセイアベニールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-3)
  • 不良(0-1-0-0)

可もなく不可もなくだが、良馬場の方が断然良い。

タイセイアベニールの鉄砲実績(休み明け)

※ダートを含む

タイセイアベニールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-2)
  • 3戦目(2-2-0-0)
  • 4戦目(0-1-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

叩き良化型。

タイセイアベニールの枠順適正

タイセイアベニールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-4-0-2)
  • 5~9番(2-1-1-3)
  • 10~14番(1-2-0-3)
  • 15~18番(1-0-0-1)

タイセイアベニールの季節別着度数

※ダートを含む

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-4-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-3-0-4)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-5)

夏は「新馬戦」から2着を3回、5着が1回、秋の4戦目でようやく「未勝利戦」を勝ち上がった。

その他にも夏場は馬券圏外が2回と、あまり得意ではない様子。

タイセイアベニールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-3-0-1)
  • 55キロ(1-2-1-1)
  • 56キロ(1-1-0-5)
  • 57キロ(2-1-0-2)

タイセイアベニールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~504キロ

タイセイアベニールの血統背景

父はベーカバド(ND系ダンチヒ)。

ベーカバドは欧州で走り、2010年の「パリ大賞(G1・芝2400m)」に勝利した。

母の父はブライアンズタイム(ロベルト系)。

タイセイアベニールの近走

20/3/1 豊明S(3勝クラス)

中京 芝1200m 良 18頭

着順:1着(1.08.2・-0.1差)

騎手:西村淳也(57キロ)

外枠17番から、道中は中団の後ろ。

4角は外を回して直線に向き、残り200mで先頭集団を捉えると、そこからもうひと伸びして後続を突き放した。。

上り3Fはメンバー最速の33.1秒。

この上りは速い。

20/4/12 春雷S(L・ハンデ)

中山 芝1200m 稍重 16頭

着順:3着(1.08.4・0.1差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

スタートがイマイチで位置取りは後方。

4角は大外を回して直線に向き、直線も馬場の外目からもの凄い脚で伸びて来る。

ゴール前は更に外から来た2頭に交わされるが、勝った馬とはハンデ差1キロ。

内容は良い。

20/5/10 鞍馬S

京都 芝1200m 良 12頭

着順:1着(1.07.7・クビ差)

騎手:松山弘平(56キロ)

先頭がハナを争って飛ばす中、タイセイアベニールは中団あたりで追走。

直線は早々にバテた先頭めがけて各馬が追い出し、タイセイアベニールも馬場の外目を鋭い脚で伸びてきて、ゴール前、前を行くトゥラヴェスーラを差し切ってゴール。

自身の上りは32.6秒。

芝1200mの持ち時計も0.1秒更新した。

20/7/5 CBC賞(G3・ハンデ)

阪神 芝1200m 稍重

着順:4着(1.09.3・0.6差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は後方で脚を溜める。

直線では前が詰まって追い出しを待たされる。

進路を内へ切り替えて追い上げたが4着まで。

前有利の馬場状態を考えるとこの結果はまずまず。

2020年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

20/8/23 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:9着(1.08.4・0.6差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角は外を回して直線に向くが、直線では脚を使えず。

当日の馬体重が-8キロ。

夏場はあまり良くない馬。連日の猛暑が応えたか。

2020年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

20/9/13 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:4着(1.08.2・0.3差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は中団から、4角は9番手で直線。

直線は馬場の外目をメイショウグロッケと一緒に伸びて来るが、脚色は少し劣勢。

ここら辺は右回りだとスッと伸びて来るのかも。

2020年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

タイセイアベニールの次走

次走は11月29日(日)、阪神競馬場 芝1200m(内)で行われる「京阪杯(G3)」の予定。

相性の良い京都1200mではなく、今年は阪神開催というのが少し不運。

しかし、別段急坂がダメと言うわけではないので、得意の右回り、充実期の今なら期待はできる。

ただ、松山ジョッキーは東京で「ジャパンカップ」。乗り替わりがどう出るか。

 

⇒ その他、京阪杯の出走馬を分析