2022年1月15日【カーバンクルS】終了時点までのデータをもとに、マリアズハートの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

マリアズハートの距離適性

マリアズハートはこれまでに芝1000~1400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(1-0-0-0)
  • 芝1200m(3-3-1-6)
  • 芝1400m(0-0-0-2)

ベストは1200m。

マリアズハートの脚質

中団、もしくは後方に控えて終いを生かす競馬。

ペースに関係なく、終いの脚は確実に繰り出してくる。しかも強烈。

ただ、中山コース以外ではパフォーマンスを落としているのが気にかかる。

マリアズハートのコース適正

マリアズハートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-0-1-1)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(4-3-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

中山巧者。

マリアズハートの持ち時計(ベストタイム)

マリアズハートの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.55.1 1着(新潟)
  • 芝1200m:1.07.7 1着(中山)
  • 芝1400m:1.21.0 12着(阪神)

千二は3勝クラスで計時したタイムだが、そこそこ速い。


マリアズハートの重馬場適正

マリアズハートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)

道悪自体は大丈夫そうだが、あまり渋りすぎると、終いのキレに響くおそれも。

マリアズハートの鉄砲実績(休み明け)

マリアズハートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-3)
  • 3戦目(0-1-1-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

マリアズハートの枠順適正

マリアズハートの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(2-0-1-3)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(1-1-0-3)

マリアズハートの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-2-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-4)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

暑い時期は苦手かも。

マリアズハートの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-1-0)
  • 53キロ(3-2-0-2)
  • 54キロ(1-1-0-5)
  • 55キロ(0-0-0-1)

マリアズハートの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~514キロ

マリアズハートの血統背景

マリアズハートは外国産馬。

父はシャンハイボビー(ND系ストームキャット)。

シャンハイボビーは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダート7F~9F(約1400~1700m)。

母の父はマリアズモン(ネイティブダンサー系)。

マリアズモンは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの6F~8.5F(約1200~1700m)。

ガチガチのダート血統。

次走、オーシャンS(G3)に向けて

次走は3月5日(土)、中山競馬場 芝1200mで行われる「オーシャンS(G3)」。

筋金入りの中山巧者だが、重賞でも通用するかどうかは見もの。

 

⇒その他、オーシャンS(G3)の出走馬を分析