2020年4月12日【春雷S】終了時点までのデータをもとに、マリアズハートの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

マリアズハートの距離適性

マリアズハートはこれまでに芝1200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-1-1-1)

マリアズハートの脚質

中団、もしくは後方に控えて終いを生かす競馬。

強烈な末脚が魅力。

マリアズハートのコース適正

マリアズハートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-1-0)
  • 中山(3-1-0-0)
  • 京都(0-0-0-1)

レース数が少ないので、まだ断定はできないが、なかなかの中山巧者ぶりを見せている。

マリアズハートの持ち時計(ベストタイム)

マリアズハートの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.7 1着(中山)

3勝クラスで計時したタイムだが、そこそこ速い。

マリアズハートの重馬場適正

マリアズハートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)

道悪自体は大丈夫そうだが、あまり渋りすぎると、終いのキレに響くおそれも。

マリアズハートの鉄砲実績(休み明け)

マリアズハートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-0)

休み明けは問題ない。

マリアズハートの評価

ペースに関係なく、終いの脚は確実に繰り出してくる。しかも強烈。

ただ、中山コース以外ではパフォーマンスを落としているのが気にかかる。

まだまだキャリアも浅いのでこれからの馬だが、中山コース以外での活躍が今後の課題。

マリアズハートの近走

19/9/15 初風特別(2勝クラス)

中山 芝1200m 良 16頭

着順:1着(1.07.8・-0.1差)

騎手:大野拓弥(53キロ)

道中後方から、4角は外を回して、直線も馬群の外目から一気に差し切ってゴール。

前もさほど止まってはいない中、後方一気の差し脚は強烈。

19/12/1 南総S(2勝・ハンデ)

中山 芝1200m 良 16頭

着順:1着(1.07.7・クビ差)

騎手:大野拓弥(53キロ)

1枠2番から道中は中団の後ろ、位置取りはイン。

4角も内から馬群を縫うように伸びてきて、ゴール前はクビ差で制する。

前走は外差し、今回は内から。

ハンデ差はあったものの、3歳牝馬ながら、馬群にひるまない逞しさ。

20/4/12 春雷S(L・ハンデ)

中山 芝1200m 稍重 16頭

着順:2着(1.08.3・ハナ差)

騎手:大野拓弥(53キロ)

大外16番ゲートから、道中は最後方を追走。

4角は外を回して直線へ。

直線も馬場の外目からグングン追い上げたがハナ差届かず。

ハナ差はクビの上げ下げ。

あの位置取りからでも届く末脚はやはり非凡。

中山仕様だけにとどまらなければいいが。

マリアズハートの次走

次走は函館競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

中山1200mとは対照的な、道中上りが続いて4角から下る函館1200m。

ここで一発、中山コース以外での勝ち鞍を期待したいが、どうか。